早稲田 文学部 解答 速報。 早稲田大学文学部の国語の傾向と時間配分と記述対策&勉強法!レベル/難易度も

融合問題が出題されない分負担が少ないように見えますが、時間の余裕はありません。 >> 早稲田大学文学部の国語の整序問題の対策と勉強法 文学部では、問題文中のいくつかの文を意味が通るようにならべかえる整序問題の出題があります。 大問2は古代の都城について。 整序問題は 接続詞に注目するのが常套手段です。 TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service ETS. 121• 試験時間に余裕はできると思うので、自分の力を過信しすぎずに何度も見直しをする癖をつけましょう。 202• ただ、合格を確実にしたいという人はぜひ本腰を入れて取り組んでみてください。 297• 202• 速読と遅読についての英文を読み、それに対する要約を書き出しに続いて大体4〜10語補充する問題。 大問6はビスマルク体制について。 合格最低点推移 一般入試 年度 配点 合格最低点 得点率 2007 200 133. 早稲田大学文学部の国語のレベル 国語は文学部というだけあって、予備校の解答速報が割れるほどかなり ハイレベルです。
82
大問5は英作文。 難易度は標準。 297• 近くに良い塾や予備校がない• 難易度は標準。 難易度は標準。 問1はピサも有名な東方貿易で活躍しているが、ヴェネツィアよりも規模が小さいため誤りだとわかる。
79