ブレイブ 三浦 春 馬。 映画『ブレイブ

なんて素敵な俳優さんなんだろう。

本広克行監督は、「真剣佑が(春馬君を)すごく慕っていました。

学校の外の見慣れた風景は、見渡す限りの野原となり、校内には刀を持った野武士が襲来して、学校生徒はパニックに! 次々と生徒が倒れていく中、 歴史オタクの蒼は、学校がまるごと戦国時代、 かの有名な「桶狭間の戦い」の直前までタイムスリップしてしまったことに気付く。

語らないのにすごく表現されていて、言葉じゃないんだと思いました」と三浦さんの意見を取り入れたシーンを述懐。

役者として自分の意見をしっかりと伝えながら、スタッフの意見も必ず聞くという三浦を『ブレイブ -群青戦記-』のスタッフが絶賛しています。

彼らが仲間を守るために戦い成長していく結束力のドラマと、「高校生VS戦国武士」という異色のアクションが描かれる。

こう書いていても、やっぱり彼がいないことを受け入れられませんが…… 本作のプロダクションノートから監督たちのコメントをご紹介して、春馬さんがどれほど素晴らしい俳優かお伝えしたいと思います。

三浦さんの主演作ということもあり、今でも足しげく劇場に通うファンは多い。

褒め言葉しか聞こえてきません。

劇中、大きな見せ場の一つとなるのが、蒼が家康の言葉を受け仲間のために戦う決意をするシーン。

15
蒼と遥と幼馴染で、リーダーシップに溢れた剣道部主将・松本考太役の鈴木伸之さん 「ブレイブ -群青戦記-」が公開を控えていることもあり、天外者の上映前にはブレイブの予告が流れているようだ
演じている役もぴったりで、主人公の蒼と同じ思いを観客に抱かせる 大きな魅力が溢れ出ています 全身でお芝居されているのがすごく感じ取れました」と感銘を受けていた
剣道部・考太役の鈴木伸之は「刀の扱いだったり春馬さんが歩かれる一歩のお芝居がものすごく説得力がある この『ブレイブ -群青戦記-』で、彼は多くの人たちを私と同じように惹き付けるであろうし、全ての出演作の中にずっと生き続けます
彼の言葉によって、蒼は覚醒するのです 主人公・西野蒼を演じるのは国内映画単独初主演の新田真剣佑
そんな蒼を導くのは、後に天下人「徳川家康」になる松平元康で、彼を演じているのが三浦春馬さんです スポーツ名門校に通う高校生たちが戦国時代にタイムスリップし、戦いに巻き込まれていくアクション映画となっている
「亜人」とはまた違ったテイストの「生と死」を、主演の新田真剣佑くんはじめ男性キャスト陣のハイレベルなアクションと共に、皆様にお届けできればと思います! 滋賀県出身6人組バンド 今回の実写映画化の発表、一番驚いているのは僕だと思います
『キンキーブーツ』などでの歌唱や演技の評価は極めて高く、演劇界での損失がとりわけ大きかった、という声も多い キャスト&スタッフが舞台裏を明かすスペシャル番組では、三浦さんの存在感や演技、新田との共演シーンに関する話題も
僕はうやむやに答えながらも(そこまでのヒットも知名度もなく、映像にしたらものすごくお金がかかりそうだし、実写化なんてないだろ・・・泣)そう高を括っていました 映画を集中して見ているはずが、「彼はもういないんだ」という現実が頭の片隅に浮かび、「いや、そんなこと信じられない」という感情とせめぎ合って、涙が出たのだと思います
でも、泣いてばかりいられないですよね ツイッターにはこんな投稿があった
80