県 を またぐ 移動 自粛。 不要不急の往来自粛要請 GW、感染対策徹底を 緊急宣言対象区域などで県【岩手】|Iwanichi Online 岩手日日新聞社

達増拓也知事は県民へのメッセージとして「基本的な感染対策に加え、緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の対象区域の往来については、不要不急の帰省や旅行は自粛をお願いしたい」と要請した 一人一人が感染リスクを低減させるだけでなく、人と人との接触を徹底的に抑える必要がある」
そのうえで「帰省すれば、高齢者と接して、飲食や飲酒の機会が多くなることも考えられる 緊急事態宣言が出ている都府県にお住まいの方がこんな移動をしてもいいのでしょうか
変異株による感染が増加していることを踏まえ、他の地域への感染拡大を防止する観点から、県をまたぐ不要不急の移動は、控えてください 6月1日以降のステップ1で、利用自粛や休業要請を解除する予定だ
(重点措置を適用した)場所は(適用期間に)連休が入っている さらに、感染者の集団=クラスターが発生した那覇市の松山地区に加え、宮古島市と石垣市の夜の街の接待を伴う飲食店に対し、7日から2週間、休業を要請するとしています
高齢者への感染リスクや重症化リスクも考えていただき、それぞれの判断で対応していただきたい」と述べました これまでも大きな損失を被っている観光関連産業は、さらに大きな打撃を受けるため、喫緊の対応を強くお願いしたい」と述べました
理由について「奈良県は感染者数が増加しているものの、奈良県によると奈良市で飲食店クラスターが頻発してはおらず、大阪から流入する感染者が多いとの認識 おそらく、東京都は、千葉県・埼玉県・神奈川県に買い出しに行く人が目立っていると思いますし、京都府は滋賀県もしくは奈良県、大阪府は和歌山県もしくは奈良県、兵庫県は岡山県や鳥取県に買い出しに行く人が目立っていると思います
東京都や大阪市、名古屋市、札幌市など感染が拡大し「GoToトラベル事業」が先に一時停止されている地域については来月11日まで、不要不急の移動を自粛するよう県民に呼びかけました 全てを止めるのではなく対象を絞って実効性を高める」と説明した
このほか、県内の学校の休校も要請しないとしています ページID 1023590 更新日 令和3年6月1日• もっと移動の厳しい規制はかけられないでしょうか
知事の判断により自粛解除や業種別ガイドラインの作成を求めた GWの感染防止対策として、宿泊施設や飲食店には業種別ガイドラインの順守徹底を求めている
いよいよ12日から都道府県で高齢者の皆さんに(ワクチンの)接種が始まる そうではなく、地域地域でしっかりやることで全国的なまん延を防ぐ」と説明した
沖縄県の玉城知事は「第4波への対応を早急に行っていくが、肝心の財源が全く足りない 東海3県の知事はテレビ会議を開き、人の移動が多くなる年末年始を前に共同で感染防止対策を呼びかけました
33