オセロ ニア デッキ。 【オセロニア攻略】ダメージを食らうほど強くなる!HPの多さを活かした、逆転の醍醐味を体感できる「ウル」デッキを紹介!【神デッキ】[PR]

どこで効果的にリベンジを使うかを考えることも楽しかった。

オセロニア ニア 基本パラメーター [冷静沈着な毒舌家] ニア HP ATK 最大Lv 1524 1662 スキル スキル 天才の看破 最大Lv3 [貫通]攻撃力アップ:ターン開始時の盤面の駒の総数が12枚以上のときに発動できる。

【その2】火力底上げのために、[進化]ランドタイラントを編成する [王家の護持] ジェンイー 攻撃型混合デッキの最大の武器は、強力な通常攻撃と強力な特殊ダメージのコンボです。

代表的な駒をピックアップしました。

制限時間終了後に同じ対戦相手と再試合を行う。

・下記のいずれかの条件を満たすデッキのみ使用可。

地区大会 地区大会予選ルール• 回復役もバランス良く組み込めれば、タイミングなども計れて、より効果を発揮できると思います。

次点で倍率1. 条件が緩いと多くても80%がいいところなので、正面から殴りあえば負けてしまう。

例えば、S駒では[神闘化]フェリヤ、[闘化]ジークフリート、[闘化]ミアクレルなど。

これもあり、神殴り、速攻竜、囁き、代償、コンバート、魔殴りといった「コンスタントに大ダメージを与えてくるタイプ」のデッキに対しては刺さることも多い(飛ばされなければ) ・前回大会の優勝者は地区大会決勝トーナメントからの出場となる
回復役もバランス良く組み込めれば、タイミングなども計れて、より効果を発揮できると思います 8ターン耐えるための防御も大切ですが、「アポロン」でしっかり削りきれるように、相手のHPを削っていく必要があります
この数値を基準に倍率の高低を判断するのがおすすめです いずれにせよ「相手の力を利用する」コンセプトは根っこにあるので、少なくともランダムマッチングで安定して勝ちを拾えるタイプではない
「」のリペアで3体を戻しやすい状況にしましょう 特に発動条件のないルキアは、多くのデッキにかなりの確率で採用されていますよね
決勝大会 決勝トーナメントルール• 例えば、相手が「ヴィーナス」などの防御駒や「ルキア」を出していない状況であれば、7ターン目に「アポロン」で火力を出しておくのもおすすめです ・勝利するごとに勝ち星を獲得
・神、魔、竜属性の駒がそれぞれ4枚以上 ブレイクスキルとの相性も良く、 「神囁きデッキ」を強化できる性能です
防御スキルや回復スキルを使ってHP差を保ったまま数ターン稼ぎましょう ・下記4デッキを準備して対戦
通常攻撃が1. また、 ニューイヤー・蘭陵王よりもATKが低いので、手駒ロックからリーダーを守ることもできます またその対戦は相手の勝利となります
そのため、「」などの 無条件で発動できるようなコンバート駒も編成しておきましょう [闘化]ラニリーダーの場合、ルキア対策を考えなくてもいいのは楽ですよね
コンボスキル要員は以下の通り 【闘化】神囁きと好相性のコンボ 「アポロン 闘化 」のコンボスキルは、盤面の自分の神駒1枚につき700、最大5,000の特殊ダメージを与えるものです
14

・エントリー時のプレイヤーネームと大会時のプレイヤーネームが異なる場合。

レアリティ キャラ S駒 [闘化]ティターニア/[進化]ジェンイー A駒 【リーダー】蘭陵王/アラジン/金色・アラジン/クリスマス・ハーピストエンジェル/エンデガ/ハーピストエンジェル/ブレスドソーディアン/碧音/クリスマス・ピリキナータ/リイラ/ルキア/[竜闘化]心核の守護者/アルン/[進化]ランドタイラント デッキ編成のポイント5選! 初心者でも混合攻撃型デッキ編成のコツが掴めるように、ポイントを5つにまとめました! 【その1】リーダーは蘭陵王か闘化ラニの二択 [武麗君]蘭陵王 混合デッキ攻撃型のリーダーは2択になります。

相手のS駒フィニッシャーを使わせずに、ミアズマなどでライフアドバンテージをとり、フィニッシャーにつなげることができます。

ただし、せっかく調整した駒を盤面にポンポン出しては意味がありません。

・決勝大会当日出場枠予選を勝ち抜いた選手8名のトーナメントを実施します。

・勝利するごとに勝ち星を獲得。

57