ヒロアカ 302。 【ヒロアカ】303話ネタバレ!ワン・フォー・オールのことを聞くホークス

外の世界をもっと見るように勧める冷で。 原因は父だと思っていても、自分が兄を殴って止めていれば別の未来があったはずだと夏雄。 いや、バトワンの経験上、人間は 「責任から逃がれたい」という感情から、むしろそうする気質が強い生き物のはず。 二人はエンデヴァーの肩を軽くし、再び戦うことを決意するエンデヴァー。 母親を睨む燈矢の目はかつて父親がに向けたそれにソックリ。 荼毘が流した血涙は2回、スナッチの発言を思い出した時と、今回。
87
だから一人で背負わず荼毘と戦うしかない。 コナンやルパンやジェームズとか、そんな人間がいないから、それが、今まで、そんなに良い方向に進んで来ないだろうね。 新たに、表主人公と裏主人公と中枢主人公の戦いになってほs デスノートでも、新世界の神になるそんな事はいろいろあっていて、ニアを倒した時に、ゴールがあっていたからさ。 「早速ですが、まず皆々様(みなみなさま)への説明責任!荼毘の告発を受けた以上、避けて通れません」 「ざっくりと答弁内容考えてたんすけど・・・一つ不明瞭な要素が・・・」 「ワン・フォー・オールって何なんですかね?」 冬美は病院に入る際、記者たちに聞かれたことを思い出します。 間違っているヴィランと戦って、新しい時代を懸ける痴がましい事に付き合わせていた。 次第に家族とは話すものの、精神的な部分では孤立していったでしょう。 これで再びNo. 瀬古杜岳で泣く燈矢。 引くに引けない焦燥感に、エンデヴァーは何も言いかえせませんでした。 13歳の冬、燈矢の早生まれの小さな体には漸く二次性徴が訪れ、 体の変化と共に個性の炎の色は赤から蒼へと色を変えていました。
20