舞鶴高1女子殺害事件。 舞鶴高1女子殺害事件

また、遺体は土や枯れ葉などをかけて隠されていた。 犯人だけが知るという内容も、 「検察の示唆・誘導の可能性」があると退け、「明らかな事実誤認がある」と逆転無罪となった。 ということは、被害者は発見された場所から東側から遺棄された可能性が高い。 中勝美に犯人説が根強い理由については、「舞鶴女子高生殺害事件」の裁判のために大阪拘置所に収監されていた時期に、拘置所仲間に小杉美穂さんの殺害を仄めかしていたことが大きかったようですね。 その結果大阪高裁の川合昌幸裁判長は京都地裁の判決を状況証拠だけの立証は難しいとして、「疑わしきは罰せず」のルールを重んじた結果 逆転無罪の判決を言い渡された。 や と同様、直接証拠がない中で有罪を導いた。 この事件の容疑者は逮捕されたが、証拠不十分で無罪。 同小法廷は「被害者の遺留品の特徴に関する受刑者の供述が、捜査機関の示唆や誘導によってなされた可能性があるとした2審の判断は合理的」とした。 首に鋭利な刃物で切られたような跡があったことから、府警は殺人事件とみて捜査を始めたものの、犯人は逮捕されていない未解決事件となっている。
93 81