もどかしい 意味。 「もどかしい」とは?意味や使い方を解説!

気が急く(早くしようと気持ちがはやる これらは「早くピアノが上手くなりたい」とか、「早くリボンをほどきたい」ということで、 今は思うように事を進めることができていないが、なんとかしたいという気持ちからくる焦りを表しています
OKの返事が来るかどうか気が急くが、彼女へのプロポーズは完ぺきだった 歯がゆいな」などと使います
文脈や状況によっては、副詞や名詞に変化させて使った方が良い場合もありますので、適切に調整するようにしましょう 例えば「なんで簡単なことなのに出来ないのか
私の今月の営業成果に対し、部長はもどかしい心境でいるようだ 「もどかしい」と言い換えると分かりやすい
いずれにしても、言いたいことややりたいことが、おもうように進まずイライラする感情を表わしています 3年生の選手たちは最後の野球の大会が中止になり、歯がゆい思いをしている
準備万端なのに大会を中止せざるを得なくなり、歯がゆい思いをしている 「あぁ、じれったい」と言うときは自分に言う場合と相手に言う場合があるのです
しかし、一般的には漢字はあまり使われず「もどかしい」とひらがなで表記されることがほとんどです 彼の行動は歯がゆくて見ていられない
もどかしい手つきで封筒から写真を取り出した ですので、「歯がゆい」に置き換えると不自然になります
ラスト1分、両チーム同点で、ファンはもどかしくなるばかりである 早くすればよいのに」「どうもやり方が分らないようだ
日本語の場合、形容詞の尊敬語はあまりつかいませんが韓国語ではよくつかいます もどかしい」という意味です

=> => => => =>. 類語なので、ほとんど同じ意味で使われています。

また「もどかしい」は、「擬く」の「さからい非難する」から意味の幅が広がり、「気に入らない」という意味でも使われるようになったと考えられます。

「あの人を見ているとじれったい」と言うのは、自分以外の人の 行動への いらだちです。

」 と出てきます。

歯がゆいは「思い通りにいかないのでもどかしいこと」。