プロセカ イベント ストーリー。 【プロセカ】イベント一覧【プロジェクトセカイ】

30
グッズ情報• 最後の病院での 「久しぶりにお父さんから名前を呼んでもらえた」と喜び涙を湛える奏の姿には「……良かったねぇッ……!」と泣いてしまった ここにもまた、奏とは異なるが同じくらい業の深いまふゆのエゴがある
Vivid BAD SQUAD• この状態のままストーリーのいちおうの大団円を迎えられるのが、『25時、ナイトコードで 未読の方はご注意ください
ただ、奏はちょっと天才だったせいで不幸な事故に遭っただけで、基本的には めちゃくちゃ良い子だしまともな人間だと思う だから、実は この父の言葉は呪いではない
「どちらなのかわからない」のが魅力的なのではなく、本人が「どちらでも気にしていない」ことにこそ、瑞希の魅力はある 開催イベント一覧• いっぽう「死にたい」は、生の此岸から死の彼岸を眺望する想いだ
リセマラ情報• ニーゴの一番の功労者であり、このゲーム内でもダントツで偉いキャラクターだろう 自分が存在していることに我慢がならない
瑞希がいるからこそニーゴはまふゆという爆弾を抱えたまま空中分解せずにやっていける だから、実は この父の言葉は呪いではない
ヘンリー・ダーガーだって、本人の死後ではあるがその膨大な著作群を「発見された」からこそ、著名なアーティストとして広く知られ、私がいまこうして言及できている そもそもここの記事書いてる人ボカロキャラはサブユニットまで合ってないとイベントボーナス対象キャラにならないのは理解出来てますか? イベント期間中に実際に編成したら数値的にタイプ一致分しか入ってないのわかると思います
Vivid BAD SQUAD• 自分のかけた言葉が完璧だったとは思わないけど、それでも瑞希のこれには非常に共感できる MORE MORE JUMP! 奏もまた、「まふゆを救える曲を作る」という呪いを打ち立てることで、そこに生きる意味を見出し、救われている
瑞希はあくまでこの一線を守っている 2人の価値観や苦悩のレイヤーはまったく異なるものだ

グッズ情報• (まぁカミングアウトイベ普通に来る可能性は全然あるけど……) まふゆへの「消えたいなら好きにすればいいと思う。

でも(ボクたちと似た者同士である)雪がいなくなったら、ただ寂しいって思うよ」という言葉が完璧すぎる。

ストーリー中で唯一瑞希が傷ついたのは、仲が良いと思っていたクラスメイトから裏切られたときだ。

(少なくとも、今の時代に多くのひとに求められる曲を書く才能は奏のほうが圧倒的に持っていた) ビジネスとして良い曲が書けないことに苦悩する父親に、奏は「お父さんが喜んでもらえると思って」作った曲でとどめを刺してしまう。

しかしそこから何故か奏は逆に作曲に執着し出す。

開催イベント一覧• 攻略情報一覧• というか、 これすらも平然と流せるようになってしまったら、それはもう他者を全く信じられないのと同義だ。

「本当の自分」を見つけるために音楽を作っている(?) しかし、まふゆの「本当の想い」は、「自分を見つける」ことではなく「自分を見つけてほしい」だった。

24 ,4px 4px 10px -3px rgba 0,0,0,. いくら他人と違おうとも「自分」を貫き通す瑞希は、それでも自己の殻にこもらずにちゃんと他人と対等な関係を築こうとしている。

あんなトラウマティックな事件があった後では、父の「これからも奏の音楽を作り続けるんだよ」という言葉も無に帰すはずだ。

小ネタ 検証系など• ヘンリー・ダーガーだって、本人の死後ではあるがその膨大な著作群を「発見された」からこそ、著名なアーティストとして広く知られ、私がいまこうして言及できている。