イルミナティカード 複合災害。 イルミナティカードが首里城火災を予言してた?カード画像と意味を考察!

イルミナティカードは、1980年代にアメリカのゲーム会社によって発売されたカードゲームですが、そのカードに描かれたイラストが、その後起こった人類の重大事件をあまりにも多く予言しているように見えるとして都市伝説や陰謀論好きな人々の間で注目を集めています。 武漢市街のRDNA研究所で開発されたもので、それは「武漢-400」と呼ばれています。 ほとんど何処でも。 イルミナティカードに書かれている「Di」という文字が「死」を意味する単語「Die」を連想させることから、暗殺を予言したとの解釈があります。 実はこのイルミナティカード、アメリカにおける トランプの大統領就任や、2020年の 新型コロナウイルス流行に 東京オリンピック中止まで予言していたのです。 良く見てほしい。 このイルミナティカード、 1982年にスティーブ・ジャクソン・ゲームズ社が開発したカードゲームです。 こちらが、問題の武漢市にある建物ので、確かにそっくりに見えます。 新型コロナウイルスの発生源としては現在 コウモリが有力視されていますが、このカードには 幾匹ものコウモリが描かれています。 そうすることで人間や政府に対して脅迫を行っているのかもしれない。