ヨルシカ 盗作 歌詞。 盗作 (アルバム)

続くインスト曲「幼年期、思い出の中」は夕暮れの情景を表現している。

今回の作品で描かれたのは、 一人の人生が、芸術に集約されていく様子なのである。

まだ足りない。

そしてそれに隠された盗作の事実を自白することで、積み上がっていた全てを打ち壊す。

しかし今回のアルバムは盗作をする男の 葛藤や 嫉妬、 違和感などを強く表した楽曲が大半である。

71