ガルプ ワーム。 “匂う”ワーム「ガルプ! イソメ」が大幅リニューアル! 新しくなった匂いや動き「気になる液漏れ対策」を徹底的にご紹介!

ワームチニングに必要なアイテム どのような仕掛けで、ワームチニングを行うかにもよりますが、ワームチニングで必要なアイテムについて紹介したいと思います しかし、円柱型のシンカーを使っている虫ヘッドは、 底に接する面は丸型で引っかかりにくく、斜面に乗っかった際にも横面が平になっていることから転がりにくくなり、非常にズル引きに向いています
(重たいジグヘッドで釣れるワームでも、軽いジグヘッドで使うと釣れにくくなるワームがあるのはこれが理由の場合が多い) その結果、ワームの性能を動きの速さで誤魔化すことが難しくなり、重たいジグヘッドを使う場合よりもガルプの恩恵を感じる事が私の経験上、多いですね 容器がコンパクトでかさばらない ワームを取り出す時もほとんど汚れない すごく便利で使いやすいガルプ・エコギアアクア専用容器を紹介します
私が使うチニングの鉄板のリグを紹介! ということで私が使っている仕掛けはこれ! カルティバさんの「虫ヘッド」とガルプ「サンドワーム2インチ」です そんな新しくなったニューガルプについて、 旧ガルプの思い出とともに 今回は書いてみようと思います
先にも述べましたが、私がワームチニングをはじめた最初の頃は、 投げるたび根掛かりしてしまい、ルアーがなくなって帰るという経験もしました でも真隣ではなく7,8mくらい離れていれば、サビキ師の方が来ても全く気になりません
アミを偏食している状況でも、なぜか釣れちゃうんですよね 犬の1億倍…という数字には及びませんが、それでも嗅覚=ニオイが魚に効くのは必然
私もかつて友人にボコボコにされて、苦い経験をしましたw パッケージも従来の漏れてストレスが溜まるパッケージから、漏れないパッケージに進化していました これでワームと容器だけで、新たにアミノ酸液ボトルを購入しないでOKです
ワームの本数が少なくなってきた場合 ワームの本数が多い時はいいのですが、上の画像の様に 数が少なくなってくると、専用容器内にワームがひっかからなくなり、 取り出しにくくなります 同じ場所で釣っていても、最初はガルプが強くても途中でアジの群れが変わったらガルプに反応しない群れだったりするので、今のところアジの種類による匂いの効果の違いによってガルプが強い時があるという考え方をしています
ベビーサーディン 出典: まずは、定番中の定番「ベビーサーディン」 宇和海の方が効果が低い場合が多かったですが、瀬戸内でもガルプが効きにくい場所はありますし、アジの群れによっても効果がある群れ、効果がない群れもいます
ベビーサーディンを付けていた私は1投目からヒット!!それからも1投1匹で連発していました しかも、ワームチニングに慣れてきてからも一回の釣行で少なくとも1度は根掛かりしてしまいます
99
その一方で、なにやら現行ガルプワームの生産終了と同時に新しいガルプの存在を匂わすような発言もありました。 ガルプを保持する者なら、液漏れ対策は万全にしておく必要があります。 当然ですが、0,8gの方が動きが遅くなりますね。 ワームバックには当然、他のルアーやワームも入れるので エコギアアクアだけでバックがいっぱいになるのには困っていました。 ガルプはその性能の高さから、「ガルプで釣れなかったら魚はいない」とまで言わます。 オフセットフックなどでもいいのですが、強度が弱く、何度か折れてしまったことがあるので、今は基本的に使っていません。 アジの活性が高い時や魚影の濃い釣り場では、入れ食い状態になって釣りが作業と化してしまうことも。 これも何らかの原因で食いが浅い時に素材の差を実感しています。
26