フォールト トレランス。 情報処理技術者試験にでてくるシステムの信頼性について

25
スキューバダイビングのレギュレーター スキューバダイビングを行う時に、背中に背負った空気が入ったタンクから口に繋がるホースを「レギュレーター」と呼ぶ、この「レギュレーター」は、人が水中で呼吸するための生命線であり、非常に重要な要素である。 もっと知識を広げるための参考• 【安定性】ループの発生しないネットワーク STPを使った従来の冗長ネットワークは、装置のCPU負荷増大や回線の片線切れ、制御パケットロスなどによって不安定になりやすく、ブロックの誤解除によるL2ループ障害の恐怖が常につきまといます。 フォールトトレラント、フォールトトレラント設計、フォールトトレラントシステムなどといいます。 電気制御から光技術の採用へ 操縦系統は、ロッドや油圧機構を用いた機械的リンケージ方式から、電気的伝達方式のフライ・バイ・ワイヤヘと移行し、最新技術では光学的なセンサを用いたフライ・バイ・ライトヘと進化しています。 ブレーキは安全上とても重要な装置である。 フライ・バイライトで安全性向上 フライ・バイ・ワイヤでは信号伝達に電線を使っていますが、これを光ケーブルや光学的センサで行おうというのが、フライ・バイ・ライト(FBL)またはフライ・バイ・オプティクスと呼ばれる方式です。 フォールトトレランスの辞書解説 フォールトトレランス あるシステムについて、起こりうる障害(誤作動や誤操作)に対する耐性のこと。 冗長システムの両方のノードでまったく同じ処理が同時に実行されるようにする必要があります。
14
どの部品をフォールトトレラントにすべきかを決定するには以下のような判断基準が考えられる。 クロス・コネクションをスイッチに応用しているのはアラクサラネットワークスの特長であり、画期的といえます。 そうすることで、万が一どちらかが故障をした場合に、もう片方のブレーキを使用して停止することができる。 ところが、監視するソフトウェア自体に異常事態が起こると装置は制御不能の状態に陥ってしまいます。 より高度なアプローチになると、コミットされていないデータやメモリー内のデータも冗長システムに複製されます。