関係 代名詞 例文。 関係代名詞とは?わかりやすく説明

<解答> (1) That girl who is reading a book is Mary. 前回のおさらいになりますが、このタイプは3段階の変形を経て作られます。

前置詞をwhichの前に持ってくることもあります。

(私には姉がいます。

英語の語順で読めるようにしよう 私は、5ヶ国語を話す少年に会った 例文3を普通の日本語訳にする場合、とくに初心者は以下のような順番で単語を見ていく人が多いでしょう。

は間違い) 次の2文も関係代名詞を使って1つの文にしてみましょう。

all of, many of, most ofなどが出てくるとwhoではなくwhom (前置詞+関係代名詞)になります。

whicheverやwhateverは+名詞の形でもよく出てきます。

24
つまり I know the woman. who, whom, which, whose, that これら関係代名詞は、 接続詞と代名詞の働きをして 形容詞節を導きます。 that は物や動物に使われますが、人にも使われます。 第55講:複合関係副詞 複合関係副詞は、塊の中でも文全体でも副詞の働きをします。 そして、英文の訳し方は 「公園の中を走っている」という意味の who is running in the parkの部分が、 「少年」という意味のboyにかかるように 「公園の中を走っている少年」と訳します。 「少年がいます。 私たちは家事ができない高齢者を助ける必要がある。 whichは先行詞が物・動物のとき、thatは人、もの、動物のときに使われます。 「~なモノ」「~するモノ」「~できるモノ」などと言いたい時に、関係代名詞を使えると便利です。 この2つの文を1つの文にする際に関係代名詞を使うと、 This is the house which he lives in. I know the woman who is playing the violin. is playing the guitar ですね。