リゼロ 考察。 リゼロ|帝国宰相ベルステツは7章黒幕でEX4のクーデターの首謀者?九神将を従えてヴィンセントに敵対!

ちなみにアニメでスバルが貨幣を使用した場面がないかと調べたところ、銀貨の絵柄を映っている映像は残念ながらなかった。

ベルステツはヴィンセントを皇帝の座から下ろしており、ヴィンセントが生存していれば、 「古き約定」のあるシュドラクの民を傘下に従え、 武帝の再現をしようとするだろうと予測していたのでしょう。 それにスバルと同じ『死に戻り』の能力を持っている節があり、18年前に異世界に飛ばされたとの事ですが詳しい事は不明であり、過去も詳しい事が余り語られていないので謎の多い人物です。 ベアトリスの気になる独り言「ベティには関係のないことかしら」 振り返ってみて気になるのがベアトリスの独り言。 二度目の周回では、森の奥で 貴族風の「覆面男」と出会い、レムは反対方向へ行っている可能性が高いと指摘され、施しとして ナイフをもらいました。 【リゼロ考察】異世界召喚された4人とは!? 異世界に召喚された理由及び原因を述べる前に、まずは召喚された4人について簡単に述べます。 本当の三英傑の名こそフリューゲル! シャウラの説明から、大賢者とはフリューゲルなる人物であることが判明します。 今は王になろうとしているアナスタシアがホーシンの名を名乗っていますが、彼女はホーシンの血縁ではなく勝手に名乗っているだけであり、ホーシン自身は生きているのか信じているのか分かっておらず、今のところ一番謎に包まれている人物と言えるでしょう。 少し雑ですが6はすぐ分かっちゃうと思うので。 リゼロのストーリーは3章までがアニメ化され地上波放映されましたが、その続きである4章が 更に謎を深める内容となっていて、アニメ化第二弾を是非実現してほしい所です。 狩人が両側の森にいたのは複数いたから? 狩人がバドハイム密林の両側にいたのは、 狩人が複数存在していたからだと思われます。
87

スバルが魔女の瘴気を濃くしなければ、ヴィンセントはエルギーナに敗北していたため、 「陽剣ヴォラキア」を出せなくなったことは確定だと考えられます。

シュドラクの民は、アベルや、罠にかかったスバルを集落に連れ帰っているため、 狩人ではない可能性が高いです。

リゼロ原作小説26巻感想・考察 九神将は本当にヴィンセントから寝返った? ヴィンセントの最後のつぶやきによって、 宰相ベルステツだけでなく、 九神将も寝返ったことが判明しました。

リゼロ26巻1章「洗礼」あらすじネタバレ ルイの扱いを巡ってレムと決裂 スバルは、レムが記憶喪失状態であることを受け入れた後、クリンドから教わったサバイバル知識を活かし、まずは移動して川を見つけ、ベースキャンプを作ろうと考えます。

これはアニメ版でフリューゲルの大樹に 「フリューゲル参上」とうっすら書いてあった事から囁かれはじめました。

ヴィンセントは「陽剣ヴォラキア」を出せなくなっている• また、フェルトは王族との関係が非常に有力視されています。

アベルと名乗った覆面の男は、幼い娘 ウタカタに「 血命の儀」を受けることを伝えると、再び族長ミゼルダが、妹の タリッタなどシュドラクの民の女性陣を引き連れ戻ってきました。

38
・フリューゲルはドイツ語で『翼』 いずれにしても、 作中においての嫉妬の魔女のサテラの重要性 があるとわかりますね
彼女は、三英傑の賢者シャウラ、神龍ボルカニカ、初代剣聖レイドの力を持っていても、存在を滅しきれず、 400年間大瀑布の近くにある封印石の祠に封じられています それ故に特に何故スバル達が召喚された理由は分かりませんし、彼らが召喚された原因も不明です
そして今のところ、シルエットも不明であり、生きているかも死んでいるかもわからないのでまだまだ謎が多い人物です スバルの死に戻りがサテラの力ではなくて、単純に異世界の人間だから死ねなくなってるというスバルの仮説が正しいとしたら、もしかしてスバルは衰弱でも死ねない訳ではなくて、自然死した場合はリゼロ世界の死のシステム「オド・ラグナ」に組み込めるようにナツキスバルではない別の人間に記憶を持ったまま生まれ変わるんじゃないかと思った
気づけばリスタートは12回目 現在は嫉妬の魔女サテラは大瀑布の近くにある封印石の祠に封じられていますが、400年前からその思いがあるとしたら、自分以外の魔女は邪魔になったのでしょう
スバルの一言でバドハイム密林が灰燼に帰す 翌朝、スバルはルイと共に黒い天幕での備蓄品整理の仕事に向かいます プリシラがヴィンセントと協調するのか、敵対するのかは不明ですが、 選定の儀の経緯を考えると、プリシラがヴィンセントに刃を向けることはまずないでしょう
嫉妬の魔女の襲撃によりスバル、レム、ルイが転移 緑部屋からルイが出現したタイミングで、大瀑布の方角から 嫉妬の魔女の黒い影が監視塔を襲撃し、一同は激しい混乱に包み込まれますが、神龍ボルカニカによる青い息吹によって対消滅されます これはアニメ版でフリューゲルの大樹に 「フリューゲル参上」とうっすら書いてあった事から囁かれはじめました
・言い回しが所々スバルと同じ 痛みに鈍いとなると、加護や呪いなどが考えられますが、ヴォラキア帝国という土地の性質上、 トッドの過去に何らかの秘密が隠されているのかもしれません
2である宰相ベルステツが、状況が整理されるまで帝国の執政を取ることになった、というのが現在の状況と考えられます スバルの右手はエルザの吸血鬼状態か? スバルは右手が完全復活を果たしており、ロズワール邸時点でのエルザの不死身っぷりが頭をかすめました
エミリア陣営 七大魔女 大罪司教 三英傑 王戦候補者 騎士 1章 2章 3章 4章 5章 6章. 誰一人として持っていなかったもの、それは死後の記憶、死に戻りにより何度でも人生をやり直せる、そんな能力に熱望したルイ リゼロ原作小説26巻まとめ レムが目覚めた 第七章がいよいよ始まり、記憶のないレムに対し、スバルが1年強の間、行き場をなくしていた 愛情を全力投球する姿が見られました
他に 『傲慢』の候補として名前が挙がっているのは 作中で傲慢だと誰かに言われた、もしくは自身で発言した存在として プリシラとレムがいます 第一試練をクリアすれば塔のルールを書き換える方法が見つかると踏んだスバル