約束 の ネバーランド ネタバレ 176。 約束のネバーランド【17巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!

全政権、ピーターに従っていた鬼達は農園廃止が信じられず反抗しようとしますが、王族であるレウウィス大公に逆らうことが出来ず諦めて悔しみの叫び声を上げます。

ソンジュやムジカのおかげで、自由を手に入れることが出来たと感謝するエマ。

わが身を賭してエマを守れたことは、彼女にとっては罪滅ぼしになったかもしれない。

もちろん、シスターやノーマンですら初めて見る光景です。

叔父さんを探すことが一番大変かもしれません。

しかし、アジトの場所がピーター・ラートリーにバレ、子供たちはGFに連れ去られてしまいます ピーター・ラートリーに捕まる直前、アンナが何かを発見したような描写が…。

イザベラの顔が苦痛に歪んでいました。

14

そんな話をしているうちに、辺りはすっかり夜になっていました。

「レグラヴァリマが全て悪い? 旧支配者が全て悪い? 否 その支配を許したは民達ぞ」 「王に任せておんぶにだっこ だからかくも容易に踊らされるのだ つい先程まで『邪血を殺せ』と暴れ狂っておったようにな」 スポンサーリンク 大僧正の鋭い指摘にドキッとする民たち。

ママに駆け寄るエマ達 エマ達は倒れたママに駆け寄り、周りを囲んで「ママ!」と呼びかけ続ける。

「フィル」 フィルが振り向くと、そこにはエマが立っている。

「シェリー」 「えっウソ…エマ!!? 皆…」 エマがにこやかに手を振る様子に、シェリーは目を輝かせる。

そのまま息絶えるママ。

レイ「ママ…母さん…!」 泣き出すレイ。

それでもママは神様にお願いします。