危険 な ビーナス ネタバレ。 「危険なビーナス」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|東野圭吾

伯朗が楓と元美に手紙のことを話すと、2人は「誰かが康治さんを殺そうとしていて、誰かがそれを止めようとしている」と推理。

その研究を康治は推し進めていたが、一清が死んでからは動物で実験を続けていたという。

ネタバレを見る すると佐代 麻生祐未 は波恵 戸田恵子 と君津 結木滉星 の関係を迫ります。

母の死に疑問や疑惑を抱くのは子として当然の事なのに、「思い出させないで欲しい」とか感情に訴えて来るのおかしい」「波恵も絶対犯人じゃないと思うなんとなく良い人そう」 第7話あらすじ【11月22日放送】 伯朗(妻夫木さん)と楓(吉高さん)が、禎子(斉藤さん)が亡くなった小泉の家を調べていると、そこに謎の老人が現れる。

佐代は伯朗と2人で会うことを条件に、自分が禎子の高校の友人で卒業アルバムを借りに小泉の家に行っていたことを明かしました。

その夜、楓のもとに向かい牡蠣の件を問い詰める伯郎だが、風呂上がりの楓のそばには勇磨の姿が。

一同が遺産の骨董品などを確認する中、伯朗は禎子の遺品の中から一清の作品の写真が収まったアルバムを見つけます。

彼の妻の楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。

83

しかしそこは東野圭吾作品。

伯朗と楓は30億より価値のあるものは、康治の研究記録であることを確信しました。

これは伯朗のトラウマになっていて、この時点で何の実験を行っていたのかは判明していません。

楓は、明人が相続権を持つ30億ともいわれる八神家の遺産を狙う親族が拉致したのでは? と考え、明人が失踪したことを隠し八神家に乗りこもうと提案するが、伯朗は矢神の家では連れ子として肩身の狭い思いをしてきており、母の死後は一族と疎遠になっていた。

そのままでいいと話す。

もし楓が本当の妻なら同じことを言うはずだと、伯朗に伝えたのでした。

82
」と答える楓 伯朗の元にも「明人と貴重なものを交換します
ちょうど杏梨と君津が康治の酸素を止めようとしているところに、伯朗はギリギリ間に合いました 母の死を事故ではなく他殺と疑っていた明人は、いつか実家が証拠物件になると考えていた
伯朗は前探した時天井裏にはなかったと不思議がるも犯人に連絡 手島伯朗は命がけで、「寛恕の網」を取りに行こうとしたが、そこに現われた弟・矢神明人が「たかが絵だ
困っている女性を放っておけない伯朗は、共に明人の行方を追うことになり、巨額の遺産が絡んだ矢神家の争いに巻き込まれていく
康治は脳に電流を流して精神的な疾患を和らげる研究を行っていて、一清も禎子も喜んで話に乗りました 蔭山さん…》 《今年度最悪のドラマだったなw 蔭山さん当て馬にしたこと許さん》 《蔭山さんて、ただ伯朗の欲望の吐口というかセクハラに付き合わされただけだよ》 といった怒りの声があがっている
すると、矢神明人は、16年前に死んだ母・禎子の事件を再捜査する事を条件に、警視庁に協力した 手島伯朗はカエデに、ミニブタは巨大になり、人の手に負えなくなると忠告していたので、「聞いてなかったのか?返してこい」と怒るが、カエデは「この子を手放すなんて考えられない
その家は長年空き家だったとは思えない様子で、掃除が行き届いていることに加え、さらに驚くべきことに電気も通っていた 」とコメント
楓は警察官だったんですね!! 伯朗に甘える感じがとっても可愛かったので、まさか警察官だったなんて予想外過ぎました! ラストの展開 原作と違うと違和感感じるけど、東野先生もこう言っているし、まぁそうゆうことなんだろう 明人と楓は仕事でシアトルにいたのですが、明人の父(伯朗の義父)・矢神康治(栗原英雄)が危篤だと連絡を受け、急遽帰国するも、お見舞いにいく当日、明人は 「 あるミッションでしばらく留守にする
「妻夫木さんが日曜劇場に出演されるのが16年ぶりと聞き、そのような作品で初めてご一緒させていただけることをとてもうれしく思います 監禁場所らしき団地を突き止めるが、乗り込むとそこに明人はおらず、その帰り伯朗は楓のスマホを盗んで勇磨に渡し、勇磨はそれを使って楓を問い詰める
姿を現したのは犯人だけではなかった だが、ここで波恵が衝撃の告白をし、相続のゆくえは伯朗(妻夫木聡)の手に託される