俺ガイル ss 八幡 完璧。 八幡「いい加減にしろよ!!」 雪乃「ひっ……」【俺ガイルss/アニメss】

」 一色「まぁ先輩がノーマルだってことは知ってますけど。

ようやく終わったか。

初めて聞いたぞ」 雪乃「不本意ながら私が名付け親というわけね 煩悩にまみれた今のあなたにピッタリだと思うけれど」 結衣「いかがわしい? ひわい? ……ひ、ヒッキーまさか」 八幡(普段アレなくせに何でそういう単語はわかっちゃうんだよ
勝手にいなくなるのが嫌で・・・それで苦手なだけ でも本当によかった』って!」 八幡「お、おい」 由比ヶ浜「あたしってホント嫌な女だ
小町ちゃんなんだって?」 八幡「お前、小町に昨日のことチクッただろ」 結衣「あ、ばれた?」 八幡「やっぱりか 何食べるんだろう
そりゃあ人を発射したらダメだと思うだろ 適当にごまかして去るとしよう 八幡「お前には関係ないだろ
64 めぐり先輩には帰ってもらった 今から昼食だが、小町が作るとか言ってたな まだ帰って来てないや 一応Line入れとこっかな 『腹減ったから早く帰って昼飯作って』 …. まぁ今までの行いもあるし仕方ないかなー」 八幡(その言葉に俺は何も返せなかった) 陽乃「うん、しょうがない」 八幡(自嘲気味に愚痴を漏らすと、陽乃さんは一歩、俺のもとに踏み込んできた) 陽乃「これはね、私のわがまま」 八幡(顔をズイと近づけられる ぼーっとしてて」 結衣「もう、らしくないよ! ほら、一緒に行こう」 雪ノ下「ええ」 八幡「ただいまー」 小町「お帰りー! 雪乃さん、どうだった?」 八幡「気味が悪い」 小町「ってことは成功したんだ」 八幡「まあ、一応はな」 小町「成功した割には浮かない顔してどうしたの?」 八幡「いや、前の方が良かったなって」 小町「ええー!? もしかしてお兄ちゃんってM?」 八幡「んなわけねぇだろ
マニュアル本が百科辞典の様に分厚いから」ガショッ 結衣「ごめん、ゆきのん そうすれば、きっと……! 八幡「うわぁ…」 めぐり「何してるのぉ?」 うわっ これは絶対誤解されるやつだよ…. 買いに行ったの俺が来る前だし」 八幡「俺はに一途なんだ」 雪ノ下(ありがとうさん
っていうか、怖くて会えないかも」 八幡「べつに、そんなくだらないことを気にする奴じゃないだろ?」 由比ヶ浜「気にするよっ!ゆきのんが気にしなくてもあたしがする……あたしゆきのんに何回勉強教えてもらったと思うの?それなのに嫌な顔一つせずに、合格発表の日も一緒になって喜んでくれて、『私が教えたのだから当然ね 二人で食べてくれ』 比企谷母『ご飯できたわよー』 八幡『お、んじゃ運んでくるか』 沙希『あ、あたしも…………』 比企谷父『いい、いい
27