米津 玄 師 感電 歌詞 意味。 米津玄師『感電』歌詞の意味を考察!過去曲との繋がりから新たな世界観を読み解く。

主人公は「少年が落っこちたお伽の国の空騒ぎを眺めている人」。 同時に、差別されている人間をかわいそうだとも思ってはいけないと言われたのを、ものすごく強く覚えていて。 今までの京楽的な生活から抜け出すための目的地として メロウなエンディングが用意されています。 赤いマントの悲しい少女 子供たちと遊び回る赤いマントの少女は、2番では異質な存在として描かれています。 ドラマの中でも、伊吹と志摩は派手に動き回り、警察内部で煙たがれる存在となっていますよね。 やや悲観的なようにも思いますが、裏を返せばその分愛情が深いということ。
17

米津玄師さんは、 不利な境遇の中でも人と人が繋がり助け合うことで成し遂げられた偉業を題材として織り込んだのかもしれません。

志摩は基本的に 伊吹を信用しておらず、呆れ果てながら接しています。

つまり、メゴラに跨る魔女と側に群がる人は=で結ばれています。

非常に考察が難しかったです。

こうしたイメージや、描かれている季節が夏であることから、 原爆や震災といったものが裏テーマにあるのではないか?という説があるようです。

これはコメントのごく一部を抜粋したものですが、 今の狂った世の中への危機感のようなものを米津さんは抱いていて、そこから『でしょましょ』が生まれたのだとのこと。

24