豊岡 鞄。 エンドー鞄|鞄の街 豊岡で創業1824(文政7)年|鞄・バッグの卸・製造・販売

12

*GMOグローバルサイン株式会社(法人番号:1011001040181)のAOSSLを使用しております。

地域ブランド「豊岡鞄」の始動 昭和40年代の経済の激変により鞄業界の構造改善の必要性が一段と高まり、多くの取り組みを推進。

杞柳製品の全国的な販売網に乗って販売され、昭和11年に開催されたベルリンオリンピックの選手団の公式アイテムとして、豊岡の鞄が採用されました。

2017. 次世代のつくり手を養成 豊岡市や兵庫県鞄工業組合の協力の下、豊岡まちづくり株式会社が、鞄のエキスパートを養成する専門校「Toyooka Kaban Artisan School トヨオカ カバン アルチザン スクール 」を運営しています。

このことは、これが従来の杞柳製品の改良品で、一般杞柳製品技術が応用されたものであり、また、柳行李で名高い豊岡で作られたことが、鞄と呼ばれず行李と呼ばれた原因といわれています。

93