ジフェニドール。 めまい治療に使われるジフェニドール「トーワ」を調査

・左右の耳の、トラブルが起きている側の血管をほぐして血流を良くし、バランスを整える ・めまいや耳鳴りの原因となる異常な神経興奮を抑え、ノイズを遮る という二つの作用によりめまいを治します 抗不安薬としてはデパス(一般名:エチゾラム)、セルシン・ホリゾン(一般名:ジアゼパム)、リーゼ(一般名:クロチアゼパム)、コンスタン・ソラナックス(一般名:アルプラゾラム)、メイラックス(一般名:ロフラゼプ酸)、セディール(一般名:タンドスピロン)、グランダキシン(一般名:トフィソパム)などがあります
不快な症状が治まったらすぐに薬を止めてしまう人が少なくありませんが、必ず「いつまで薬を飲み続けるべきか」は主治医に確認するようにしてください めまいによる神経興奮を抑制することで、早期にめまいから回復することができるとされており、血流改善効果も相まって効果的にめまいを改善させることが可能になるのです
ただ、高齢者であると腎機能を含め生理機能の低下を招いていることがあります 生あくびの連発• セファドール(一般名:ジフェニドール)の副作用 それでは、セファドール(一般名:ジフェニドール)の副作用についてより深く確認していきます
精神神経系 不安定感・浮動感・頭痛・錯乱:頭重感・幻覚• このような特徴により、耳が関わるめまい症状を改善させることで生活の質を向上させる薬がセファドール(一般名:ジフェニドール)です つまり、セファドールの有効成分を含む薬が「トラベルミンRとして酔い止めの薬にも活用されている」のです
閉塞性疾患が前立腺肥大等尿路にある方 ジフェニドール「トーワ」の抗コリン作用によって、排尿を難しくさせる働きがあるため 高齢者への投与 高齢者の方の服用は可能です 内耳の異常や更年期障害、自律神経失調症、片頭痛、生理不順、天気痛(低気圧)など、めまいの原因は人によって異なります
50
めまいの症状がある場合、『メリスロン』や『セファドール』とよく併用される薬です 4 セファドール錠 添付文書 薬剤師としてのアドバイス:「メニエール病」で難聴になることもある 「メニエール病」では、めまいの発作を繰り返しているうちに難聴が進行してしまう恐れがあります
セファドールの主成分であるジフェニドール塩酸塩は、抗コリン作用という、副交感神経を抑制する働きを持っています ただ、実際には子供に対してセファドールが頻繁に活用されます
母乳への移行を含め、授乳婦がセファドールを服用したとしても、安心して母乳育児を実施すればいいです それでも授乳中での服用が心配な場合、セファドールは服用して19~26時間ほどで有効成分の多くが体外へ排泄されるため、これを基準に赤ちゃんへ授乳させるといいです
セファドールを服用後、血中濃度(血液中の薬物濃度)が最高値に到達する時間は1. 用法・用量 1~2錠 25mg~50mg を一日三回服用するのが一般的な用法です 頭痛薬にも同じような薬がたくさん存在し、人によって合う薬が違います
内耳が関わるため、前庭神経炎ではセファドール(一般名:ジフェニドール)やメリスロン(一般名:ベタヒスチン)などの抗めまい薬を活用するほか、炎症を抑えるためにステロイド剤であるプレドニン(一般名:プレドニゾロン)を活用することがあります 効能 [ ] の循環を改善し、椎骨動脈の血流障害を起こした部位の緊張を緩解し、血流量を増加させるとともに、のひとつである神経路の調整作用を有する
こうした薬とセファドールを併用するのは問題ありません 2.薬疹、蕁麻疹等の既往歴のある患者
3.前立腺肥大等尿路に閉塞性疾患のある患者[抗コリン作用により排尿困難を悪化させることがある] 肝臓 肝機能異常(AST GOT 上昇、ALT GPT 上昇、Al-P上昇等)• セファドールは 内耳内の血流を調節し、血流の流れが滞っている部分を緩和し、スムーズに血流循環させる効果を持っています
24