モハメド サラー。 「サラーは東京五輪出場を熱望している」エジプト協会幹部がリヴァプール側との話し合いへ

3-14には、初の()のに立つ。

ASローマ時代 翌年の2015年にフィオレンティーナにレンタル移籍したサラーは7試合出場で6得点1アシストをマーク。

デビュー戦となった第1節との試合でゴールを決めた。 に年間最優秀選手賞を受賞。 試合後、サラーの代理人がに対し、するような発言をしている。 この活躍で、完全移籍を勝ち取り、翌シーズンも大活躍しました。 「待て、PKの3割は外れる」という冷静な心配も無用、ゾーンに入ったチームのエースは左足を振り抜き完璧なコースへボールを沈める。 2017年2月1日 0— 1 1—1 PK:3-4 アフリカネイションズカップ2017準決勝 32. 終了後、は延長を申し入れ、側に額を支払うが、サラー側はこれを視してのに参加せず。 技術があり小回りが効く足の速いプレイヤーはどのクラブでも重宝されるだろうが、このエジプト人FWが特別なのは毎週得点を決め続けていることである。 年齢と実績を考えれば、こんなものなのでしょう。