済生会 横浜 市 南部 病院。 【済生会横浜市南部病院】 (神奈川県)

社会福祉法人恩賜財団 済生会支部神奈川県済生会 済生会横浜市南部病院 社会福祉法人 済生会支部神奈川県済生会 済生会横浜市南部病院 所在地 〒234-8503 横浜市港南区港南台3-2-10 TEL: 045-832-1111 FAX: 045-832-8335 ホームページ 病床数 一般 500床 診療科目 内科、小児科、精神科、外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、歯科口腔外科、リハビリテーション科 交通 JR港南台駅 徒歩3分 病院の特色 理念 1. センター・診療科・部門• 同病院は1983(昭和58)年に「地域中核病院」の第1号として港南区港南台に開院。 増加傾向にある炎症性腸疾患の診断・治療にも対応しています。 入院のご案内• 東部病院の採用• 県立がんセンター、横浜市立大学附属病院などとの連携を密にしており、より高度な医療が必要な場合にはより良い診療が受けられる医療機関を紹介し受診していただくようにしています。 センター• 当院について• スキルトレーニングセンター• 外来のご案内• お知らせ• 救急疾患(吐血・下血など消化管出血、胆嚢炎・胆管炎、急性膵炎など)に対して休日も含めいつでも対応できる体制をとるように努めています。 私たちは、互いに信頼し、感謝する心で、働きます。 延床面積は現建物の約2・9万平方メートルから約4万〜4万5千平方メートルへ拡張し、総事業費は約310億円を想定。 看護部のご案内• 横浜市は「済生会横浜市南部病院」の再整備に伴う移転先について13日、ごみ焼却施設があった旧港南工場の敷地とすることを明らかにした。 市の負担額は23億円と見込む。
4

専門外来• 東部病院とは• 診療科• 済生会が運営し、市南部の高度急性期・急性期医療の中心的役割を担い、二次救急拠点病院や災害拠点病院として政策的医療も担っている。

消化器内科では消化管疾患、肝胆膵疾患など消化器全般の診療を行っています。

移転先は「港南台地区から移転しないでほしい」という地元の要望や敷地の広さ、救急車のアクセスなどを考慮し、現在地から約1・2キロメートル南東の「旧港南工場敷地」を選定した。

診療サポート部門のご案内• 人材開発センター• 胆膵疾患の内視鏡による診断・治療件数は年間600件を超えており、超音波内視鏡検査、超音波内視鏡下針生検なども積極的に行っております。

私たちは、地域の要望に対応した医療・保健・福祉サービスの充実を図ります。

外来・入院• 新病院は済生会が整備し、市が無償で用地を貸し付ける。

51

常に最先端で信頼を得られる医療を提供できる体制を整えるように努めています。

肝疾患ではCT、MRI、造影超音波検査などによる肝臓がんの早期発見、ラジオ波焼灼術、肝動脈塞栓・動注術などの治療を行っています。

ただ、開院してから35年以上が経過し、建物の老朽化に伴って空調や配水管など設備の大規模修繕が必要だという。

治験管理室のご案内• 東部がんセンター• 年度内に市は済生会と基本協定を結び、2027年の開院をめざす。

39