恐悦 至極 に 存じ ます。 至極の使い方5つ|至極光栄/感謝至極に存じます/至極単純/しごく

「恐悦至極」の使い方と例文 「恐悦至極に存じます」「恐悦至極にございます」など敬語と使う 「恐悦至極」の語は目上の人に対して謝意を伝える言葉であるため、「存じます」「ございます」などの敬語とともに次のように用います 「恐悦至極」の使い方の例文 最後に、「恐悦至極」の使い方について例文をご紹介していきます
この度はこのような名誉ある賞をいただき、至極光栄でございます 謙譲語で表現する場合、「恐縮至極に存じます」という表現で使うようになります
「至極」を使った言葉とその意味 「至極」を使った言葉は、数多くあります 「おもてなしに預かり恐悦至極に存じます」は「I am extremely delighted for your hospitality. わざわざお礼にきてもらうほどのものでもない
恐惶謹言(きょうこうきんげん)• 読み方は「きょうえつしごく」で、「きょうえつしきょく」は誤り 「恐悦至極」の読み方は「きょうえつしごく」であり、「きょうえつしきょく」は誤りです ご承認賜 たまわ りたく存じます• 「恐悦」とは、相手の好意や取り計らいに対し謹んで喜ぶという意味です
「お褒めの言葉をいただけて恐悦至極に存じます」• ・身に余るお言葉をいただき、恐縮至極に存じます させていただきたく存じます• 怖い話というよりも恐怖の話と表現した方が、「怖い」よりも「恐い」は恐れ慄いている様子が理解できるかと思います
つまり文章を短く、内容を詳細に書かなければならないような始末書、あるいは組織全体の不始末における謝罪文、不特定多数に対しての失礼を行った場合の謝罪などに、「恐縮至極」が使われます ビジネス文書で使えるので、ぜひ参考にしてみてください
光栄は「人から認めてもらい名誉に思うこと」という意味がある言葉です 「至極簡単」は「この上なく簡単」の意味 「至極簡単」(しごくかんたん)とは、「この上なく簡単」の意味
新しい部署での仕事は、至極単純な作業です 手紙やメールでも相手の好意に謝意を述べるとき、また目上の人の慶事に喜びを述べるときに用います
このように説明すると難しい意味のように聞こえますが、簡単に言うと、「相手から厚意を受けたときに感謝する気持ち、相手に迷惑をかけて申し訳ないと思う気持ち」を表す言葉になります ・このたびはたいそうなお品をいただきまして、恐縮至極に存じます
「恐悦に存じます」といったように単独でも使われます 最大限の配慮をしたつもりです
80
友人同士でも、全く知らない赤の他人などの初対面であっても、気兼ねなく使われています。 〜様のおかげと存じます• 至極には「この上がない極限に達していること」という意味があり、すごくには「びっくりするほど程度が超えている状態」という意味があります。 恐悦は「非常によろこぶこと」「相手から受けた好意を、つつしんで喜ぶこと」という意味がある言葉です。 至極の類語「すこぶる」は「非常に」の意味 「すごぶる」は、「すこぶる快調」などと使う言葉で、「非常に」「たいそう」などの意味を持ちます。 ビジネスシーンなどにおいて相手に失礼のないように、言葉の意味や使い方をしっかり理解しておきましょう。
60 18