年季 が 入る。 年季が入るの意味とは?例文や使い方・類語を解説

それなりの 年季を入れないと、一人前の寿司職人にはなれない。
れい : ちち の しょさい に ある ねんき を かんじる つくえ。 年季の使い方 「建築職人の年季明けお披露目会があります」「年季が入ると貫禄がでる」「年季の入った技を見せた」「年季を感じる建物ですね」などの文中で使われている年季は、「奉公する約束の年限」の意味で使われています。 年季が入るの英語 続いて、英語訳です。 「年季」は「年数を定めて、ある場所で働く」という意味の 「年季奉公」が由来となっています。 「 skilled(熟練した)」 「 experienced(経験を積んだ)」 「 old(古い)」 「 archaic(古風な・昔風の)」 前半2つは、「人」に対して使う表現です。 「年季が入る」の類語・同義語 熟す (意味:技術に優れていて上手なこと) 「彼はピアノが熟していて、よくコンクールに出ている」 円熟する (意味:技術が優れていて、豊富な内容となっていること) 「彼女の円熟した演奏に聞き入ってしまう」 老練(ろうれん) (意味:経験を積んで、その物事が上手であること) 「老練な動きに感心する」 風格がにじむ (意味:あるものが長い年月を経て、趣が出ること) 「風格がにじんでいる家が並ぶ」 味が出る (意味:あるものが長い間使われて、趣が出ること) 「長く使っている財布に味が出てきた」 時代を帯びる (意味:ものが長い年代を経て、趣を持つこと) 「時代を帯びたお皿が欲しい」 時代めく (意味:古めかしくて趣がある) 「時代めいた建物に興味を持つ」 古びた (意味:古めかしいさま) 「古びた帽子ばかり持っている」 レトロな (意味:昔懐かしいこと) 「彼女はレトロなワンピースを着ている」 古めかしい (意味:昔の雰囲気があるもの) 「古めかしい建物の中に入る」 年代物(ねんだいもの) (意味:長い間を経て、価値があるもの) 「年代物の洋服をもらった」 「年季が入る」の対義語・反対語 経験が浅い (意味:知識や技術が十分でないこと) 「まだ経験が浅くて、何もできない」 未熟 (意味:技術が十分でないこと) 「彼女はまだまだ未熟である」 不慣れ (意味:物事にまだ慣れていないこと) 「不慣れだから、完成まで時間がかかる」 青二才(あおにさい) (意味:知識や技術が十分でない若い男) 「青二才の私ですが、よろしくお願いします」 駆け出し(かけだし) (意味:物事を始めたばかりで、慣れていないこと) 「彼はかけだしだから、ミスは大目に見てください」 見習い (意味:始めたばかりで、人のすることを見て学ぶこと) 「まだ彼は見習いだが、よく頑張っている」 なりたて (意味:ある物事になって時間が経っていないこと) 「なりたての頃は、物事を覚えるのに必死だった」 新米(しんまい) (意味:ある物事を始めてから、時間が経っていないこと) 「新米に仕事を教える」 くちばしが黄色い (意味:若くて、物事に慣れていないことをあざける語) 「彼はくちばしが黄色いから、信用できない」 尻が青い (意味:未熟で、物事に慣れていない) 「まだまだ尻が青いから、しっかりと物事を教える」. 新しいものよりも、年季が入ったバイオリンで演奏した方が音に深みが出る気がする。 この場合は、 人ではなく「 物」に対して使うと考えてください。
味が出る 「意味」味わい深いさま• 「長い間使っている万年筆は私のものであること」を示していますよ (年季は「 年季奉公」から) 「 類語」=「熟す・時代がつく・時代めく・味が出る・レテロな」など
年期の意味 年期とは 年期とは、 1年を単位として定めた期間、また、ある事をするように約束させられている期間を意味しています 彼はサッカーには、だいぶ 年季を入れていたようだ
「年季を入れる」とは、長い間努力してその仕事を修練することを表します 例えば、• 「 nenki wo kanjiru 」 ha , nani ka wo mi te , sore ga nagai tositsuki wo he te iru to kanjiru koto desu. したがって、 「 年期が入る」という表現は、 全くの間違いであることが分かるかと思います
となります 「 英語」=「skilled」「experienced」「old」「archaic」 ということでした
モノに使うような場合は、 「年季が入った」と受け身の形で使うのが基本だと思ってください 「年季が入る」の類語• ) That building is very old. 日本語としては間違いではありませんが、褒め称えたり、敬意を示したいときには、もっと直接的な表現を使ったほうが伝わりやすいです