アズノール 軟膏 効果。 アズノール軟膏

結論から言ってしまうと、 この二つの軟膏にはそ れほど大きな違いはなく、 混合されて処方される例もあり、 それほど 明確な使い分けもないようですが、 少し詳しくそれぞれの薬を見ていきます。

また副作用の少なさから、皮膚の過敏な部分(陰部、顔面など)や皮膚が敏感な方(赤ちゃんなど)に使用する場合にも使いやすいお薬だと言えます。

ただ、欠点として、使った後べたべたします。

ただ、高価な軟膏であるため、単なる乾燥とかすこしかさつくくらいの程度であれば、上記にあったワセリンで十分だと思います。

アトピー再発の予防としても使える 現在私のアトピー症状は落ち着いているのでアズノール軟膏を常用していません。

長期間経過しているお薬は成分が変性しており、それによって皮膚への刺激性が高まってしまっているものもあります。

臀部や陰部の周囲に傷が出来てしまうと、その傷が便や尿などで汚染されてしまい、そのせいでなかなか治らなくなってしまいます。

87