ペペロンチーノ の 作り方。 イタリア人に教えてもらった ペペロンチーノ レシピ・作り方 by ポコジ|楽天レシピ

ニンニクが薄く色づき始めたら、小口切りにした赤唐辛子を加える。

この時、鍋を揺するとより効率が良くなります。

通常、パスタはくっついたりするのを防ぐため、たっぷりの水で茹でる、とされています。

また、パスタから出 たデンプンがパスタに付着しにくいため、時間がたっても粘りが出ることがないのです。

じゃじゃーーーーん!!できました!! それでは、熱いうちに実食!! うん、おいしいぃいいぃ!! 麺は、きちんと茹で上がりつつもコシがしっかりしてるし、塩味も絶妙じゃないかぁあぁあぁああぁ!! やはり、料理って科学。

それは、たんぱく質(たまご)が入っているからです。

例えば市販のトマトソースなどには塩分がかなり含まれているので、今回作るぺペロンチーノと同じ塩分濃度のお湯でパスタを茹でるとしょっぱくて食べられたものではありませんが、塩分のない(少ない)ぺペロンチーノソースの場合はパスタに下味をつける、そして茹で汁をソースに加えることを計算に入れて茹で汁を作らないといけません。

かといって、沸騰させない状態では、茹で時間が変わってきてしまいますので、目安としては、中小くらいの気泡ができて、ゆっくりとお湯が動いているような状態がベストです。

煮汁を加えてパスタの硬さを調節する。

もちろんお好みでベーコンや野菜などを加えても間違いなく美味しいですよ。

96
塩加減を確認します。 ちなみにぺペロンチーノの茹で時間はパッケージに記載されている1分前が目安です。 このとき、ゆで汁はソースの濃度を加減するのに使うので、捨ててしまわずにとっておく。 オリーブオイル大さじ2(30cc)と切ったニンニク・唐辛子(鷹の爪)をフライパンに先に入れておきます。 とてもくっつき安いので、心配な場合は茹でた後に冷水でぬめりをとるのがオススメです。 中火で熱したフライパンにオリーブオイル、1を入れて炒めます。 パスタが茹であがったら、フライパンに小松菜と一緒に入れます。 今回はパスタの王様(個人的なイメージです) ペペロンチーノの美味しい作り方をご紹介したいと思います。 風味は水には溶けますが油脂には溶けづらい(逆に香り成分の多くは水に溶けづらく、油脂に溶けやすい性質を持つものが多い)ので、おすすめしません。
68