判官 贔屓。 判官贔屓の意味・由来・使い方、正しい読み方はほうがん?はんがん?

逆に傲慢で卑怯なやり方をする人を嫌悪します。
ここで「判官」とは九郎判官義経のこと 一方で、逆に彼らと敵対した武将や武家達は、過剰なまでに悪役として脚色する傾向が強くなっている(例:や、、など)
源義経が兄の頼朝に妬まれて滅んだことに、人々が同情を寄せたことが由来 、148頁
「判官びいき」は、もともとは「判官贔屓」と書きます 、160頁
このような伝説は今日では、義経を死なせたくないという後世の人々の判官贔屓が生み出したもの であり、「鎖国になってからの江戸人の夢物語」 、「英雄の末路の悲惨なのに同情した結果、誰かが、いつか、どこかでつくり出した想像にすぎない」 などと否定されている 、191頁
弱い者だけでなく、「薄幸な者」に同情する気持ちを指すこともあります
池田は具体例として、において少年時代のみならず成人後の義経までもが子方によって演じられている事実を挙げている 左衛門尉(さえもんのじょう)義経の場合は武官として検非違使尉の地位にあったのだから、九郎「判官(ジョウ/ほうがん)」とされるのでしょうが、近年では武官と文官の「尉」と「丞」を一緒にして、どちらも「はんがん」と呼び、武官を「ほうがん」と仕分けない言い方が増えてきましたが、せめて九郎判官(くろうほうがん)義経に関しては「ほうがんびいき」と呼んでやるのが順当ではないでしょうか
、7-8・208頁 、120頁
『あえて公平には扱わない=不公平に肩入れする』ことで不満を誘発する表現でもあります 宜しくお願いいたします
66
「判官贔屓」という言葉について調べてみると、以下のような意味であることがわかります。 まとめ 判官贔屓という言葉の意味は「弱者や薄幸の者に同情し味方すること」「弱者に対して「弱いから」と言う理由で、えこひいきしてしまうこと」である。 「 優秀選手を全国からスカウトしている強豪私立校」と「 地元の選手のみで勝ち上がってきた公立校」が対戦するとしたら、どちらを応援したくなりますか? このとき、 日本人は後者を支持しがちだそうです。 、135-136頁。 判官贔屓の「判官」は源義経を指す言葉であり、兄の頼朝から妬まれて非業の死を遂げた義経が由来となって「判官贔屓」という言葉が誕生した。 、3-4頁。 なお、は第一義の判官贔屓についても、人々は贔屓の感情を次第に肥大化させ、歴史的事実に基づいた客観的なものの見方を欠くようになり、ついには短絡的に義経を正義、頼朝を冷酷・悪ととらえるに至ったと指摘している。 下克上の戦国時代、誰もが、槍を持ち、刀を持って立ち上がれば、天下を目指すことができた。
4

判官贔屓の由来・出典 判官贔屓の由来は、源義経に対して抱いた同情のことにあると言われています。

、115頁。

「判官贔屓」の意味 「判官贔屓」とは、弱い立場の人、不幸な境遇の人、敗者に同情して肩入れしたり応援したりする心理のことをいいます。

、91-92頁。

Japanese sympathy for the underdog. 「判官贔屓」には「公平に扱えなくなる様」という意味も 「判官贔屓」には、単に「同情し声援する」というだけでなく「弱者や不遇なものに味方をする・肩を持つ」という意味もあります。

26