和歌山 鉄 パイプ。 鉄パイプ落下事故!解体業者の名前は?事故の発生原因は?安全確保されてなかった?

「落下防止用のネットだったら、基本は落ちないと思う。

2019年11月19日午後9時現在、解体作業を行っていたのは和歌山市内の業者というだけで、会社名は発表されていません。

まずですね工事現場で何故落下防止用のネットを張らない? そして道路沿いではあるが落下が予測される区画内は通行規制に出来なかったのか? これは最早人災ですよ。

今のところ状況を見る限りでは施工管理者と現場監督者が安全管理義務を怠っていたように思いますが、その辺はこれから明らかになるでしょう。

また情報が入り次第更新をしたいと思います。

この足場業者ダメだろ。

警察は業者の管理体制に問題がなかったか、業務上過失致死容疑も視野に捜査する。

(出典: ) 和歌山市のビル屋上から鉄パイプが落下した現場は「酒直ビル」? 今回の事件が発生した場所は和歌山市のどの辺りなのでしょうか? 鉄パイプが落下した現場は、現場は南海電鉄和歌山市駅近くのオフィス街で、和歌山県和歌山市十三番丁の「酒直ビル」です。

今回の事件があったビルは、酒直の本社ビルです。

ビルには地元商社の本社が入る。

ビルでは、屋上に看板を設置する工事に伴う足場の撤去作業が行われていて、男性作業員が7人ほどいたということです。

最上部で9月上旬から商社の看板の補修工事が行われ、現在は工事が終了し、足場の解体作業中だった。

1
5kgの鉄パイプが落下してきたら普通の人間であれば一たまりもないはずです。 範囲内を網羅しているかといえば、素人目にもちょっと危険を感じます」 司会の加藤浩次「何が起きたのか、徹底的に検証しないと。 鉄パイプは足場の撤去作業中に落下したという。 悪くないから死なない訳では無いので、色んな物を疑って掛かるしかない。 現場では事故の4日前にも鉄パイプが落下していた。 【鉄パイプ落下事故 業者を捜索】 19日、和歌山市でビルから落下した鉄パイプがあたり、通行人の男性が死亡した事故で、警察は20日朝、建築会社の家宅捜索に入った。
66