カシミール 問題。 米アフガニスタン撤退と中国と国境を接するカシミールでの緊張 ―米印関係への影響―

気付けばもともとの領主「藩王国」はかたちを消し、 カシミール地方はインドとパキスタンの激戦地となります 特に大統領が行った、4点に関する声明は、難局を解決する最善の提案でした
会合は理事国のみで非公開で開かれ、非理事国のパキスタンとインドは出席加していません 会合後に理事国を代表して記者会見した中国の国連大使は「人道的観点からも現状を深く憂慮している」と述べました
これが第3次印パ戦争です 第1次印パ戦争に突入した
しかし、パキスタンからイスラム教徒の部族が侵攻してきたため、同年10月にインドへの帰属を表明し、それと引き換えにインドに侵略者への対応を求めた カシミール地方の政党のどれか一つでも受け入れられないと考える提案は交渉の席から外す• LeTはパキスタンのCIAと称されるISI(三軍統合情報局)が背後で糸を引いているとも、タリバンやアルカイダと関係するともいわれる
戦争の結果は中国の勝利に終わるのですが、実はこの中印戦争のさなかにパキスタンがカシミール地方のインド支配地域に侵攻して、 第二次印パ戦争が起こっています インドが実効支配しているカシミール地域とインドの憲法で決められている地域には全く関係がない
パキスタンの国民のほとんどがイスラーム教徒であるのに対し、インドはヒンドゥー教を信仰する人が国民の約80%といわれています 地図上に図形や文字を描画する機能があります
私たちはまた、ジャンム・カシミール問題は問題の中心であり、脇に置いといたり、一時交渉を置いておくなどのことはでき ないとの意思を再三繰り返して伝えました インドは同地をめぐってパキスタンと1947年、1965年、1971年の三度()、中国とは一度戦争()している
1990年以来、は、などの分離独立派との衝突が繰り返され、数千人規模の死者を出している 第1次印パ戦争は国連の調停で停戦したが、国境線は確定されなかった
このような情勢であるため、インドとしては、米軍がアフガニスタンから撤退することに備えなければならなくなりつつある バングラデシュは、ガンジス川河口のデルタ地帯に位置する国で、サイクロンとモンスーンによる雨季が重なると、洪水被害が拡大しやすい場所です
インド政府が、ジャム・カシミール州で70年続いていた自治権を奪い、直接統治を始めた 具体的には、 多数派のヒンドゥー教徒と 少数派であるイスラム教徒の対立です
サイト所有会社• DHM25の場合は解像度ごとに、1つのDCMにまとめられます しかし、ハイデラバードとジュナガル、カシミールの3つの藩王国は、それぞれの帰属が未決定のまま、印パ両国の独立の日を迎えました
スーパー地形セットも無償で使用可能 〒104-0045 東京都中央区築地4-3-12 1006• 独立記念日 インドは 1947年8月15日 パキスタンは 1947年8月14日(1日違い) そして、最近でもカシミールでのテロ事件の頻発に伴い、ますます緊張が高まっているように思う
また、パキスタンがカシミールの自国支配側で分離派に武器や訓練を提供し、インド支配地域に送り込むなどして支援していると非難した パキスタンとカシミール地方の住民の意思を有害なものと認めてもらうために、インドはLOCにプロパガンダを浸透 させ、パキスタンのカシミール地方への介入をテロの増長をしていると伝えています
この戦争はおもにインド亜大陸東部で展開されたが、カシミールを含む西部でも戦闘が行われた スライドショー 3枚の画像 1999年にはLOC沿いに両軍が交戦し、これを「宣戦布告なき戦争」と呼ぶアナリストもいる
一方でパキスタンは、中国の支配地域を除いた全域を自国の領土であると主張している その後、1956年には中国政府のチベット統治、支配に対し反対する チベット動乱が起き、1959年にはチベット亡命政府の長のダライ・ラマ14世が インドに亡命します
独立前までは、英国の保護領としてヒンドゥー教の藩王国の統治下にあったが、それ以前の1586~1819年は、イスラム王朝のムガル帝国が支配していたこともあり、現在もイスラム教徒が住民の7~8割を占める そのためには、少なくとも2つしなければならないことがある
そこでイギリスはインドを三国で一体とする計画を諦め、イギリス領インド帝国を インドと パキスタンに分割することによって独立することを宣言します ) いずれにせよ、この 中印戦争をきっかけに、中国がカシミール地方に介入してくるようになります
しかしインド政府の新たな決定は、ヒンドゥー教徒による同地域での土地売買や定住を容易にし、この地の人口構造の変化を後押しすることにもつながります 現在では世界各国の経済援助によってサイクロンシェルターが建築され、その数は2000を超えるそうです
1989年にソ連がアフガニスタンから撤退した後、ジャム・カシミールにおけるテロ活動が活発化したことは、イスラム過激派がアフガニスタンからジャム・カシミールに流入して活動し始めたことを示している この事実は、カシミール地方住民に対して、インド軍の圧力、人権無視の暴力、ジャム・カシミール公共安全法や、武力特別法 などの厳しい法律に対する反対の意思を直接表現できないという不満につながります
<反乱> インドが実効支配するカシミール地域に住むイスラム教徒の多くは、インド政府の支配が高圧的だとして長年反発してきた パキスタンは国際紛争であると国際社会に訴えられなくなり、パキスタンにとっては大きな痛手となりました
43