ピアゴ イセザキ 店。 ユニー・ピアゴ弘明寺店、10月15日閉店-旧ほていや、55年の歴史に幕下ろす

もともと呉服店から始まったほていやですがその本来の業態である呉服店が「さが美」の名で今はユニーから独立し現在でも営業しています。
この店の歴史は1世紀に及ぶのだった。 2021年4月16日• 2009年(平成21年)2月21日、ユニーイセザキ店をピアゴイセザキ店と改称。 2021年4月11日• 現在のイセザキモール だが結果的には、バブル期(1990年前後)に開催された「横浜博覧会」を機に進むみなとみらい地区など、臨海エリアの再開発に圧倒されたまま今日に至る。 2021年4月7日• 呉服店から含めると101年になる。 松坂屋の閉店は地元住人だけではなく、横浜市民にとって時代の大きな変化を感じる象徴的な出来事だった。
26

松喜屋のロゴマークは「喜」の字を2本の松葉で囲った意匠となっていた。

これです。

現に今この通りの周辺を歩くと、食料品、衣料品、日用雑貨など、販売する商品を効率的に絞ることによって低価格化を実現するチェーン店系列の小売店が幅を利かせている。

2021年4月14日• 2021年3月9日• 今は時代のスピードが速いので、今後もどんどん変革がなされると思いますが、 アンテナ張って、前向きに、何とか生き延びていきましょう。

2021年4月22日• 食料品に特化したスーパーだが24時間営業が売りだ また、同街道沿いの比較的ピアゴに近い中郵便局交差点角には、やはり食品中心のスーパー「サミット」がある。

2020年6月5日閲覧。

95
( contributors) こうして見てくると、だんだんわかってきたことがある。 かつて松坂屋、松屋ばかりか大丸、丸井などズラリと百貨店が並んでいた伊勢佐木町通り。 だが食品となると・・・ それに年配の方には、「この店は迷路のようで」と言って敬遠する向きもあるようだ。 2021年3月25日• 『大正十二年九月一日横浜市大震災惨状 伊勢佐木町野沢屋呉服店前』(横浜市中央図書館所蔵) だが、その都度たくましくよみがえってきた。 赤い幟(のぼり)に隠れてわかりづらいが、よく見るとそこに松喜屋がある。 こちらがリニューアルされた建物のフロア構成 ピアゴ閉店の理由を探る もちろんPPIH広報室には、ピアゴ閉店の理由も尋ねた。 日本の人口もそうですが、消費が少ない割に、供給面が多い。 ( contributors) ちなみに、現在は、日本初の洋画専門映画館だった。
28