自己 憐憫。 「自己憐憫(じこれんびん)」とは?意味や使い方を解説

複雑な家庭環境であったり幼少期に悲しい経験をしたことがきっかけとなって 「自分はかわいそうな生まれだからずっとかわいそうな人生なんだ」と半ばあきらめたように生活してしまい、自ら哀れな生活を送ってしまうこともあるのです。 ここでは、なぜ自己憐憫をやめた方が良いのかを彼の言葉を紹介しながら解説していきます。 これまでずっと「自分は悲劇に見舞われ続けているから」と自己憐憫に浸り続けてきた人は、 『もしかしたら、自分はかわいそうな人間ではないのかも』と自分に問いかけてみましょう。 幼児性が残り続けるのです。 「自己憐憫」におちいりやすい人には、いくつかの特徴があります。 英訳すると「self-pity」といいます。 そこで満足できるからです。
63

つまり、「自己憐憫」は、自分のことをとてもかわいそうだと思っている様子を意味する言葉です。

その方法をいくつかご紹介しますね。

江原さんが人の相談事で強く感じたのは、「保身」だそうです。

そのため、何か問題が起こったり自分が嫌な目にあうと、 落ち込みやすい傾向があります。

自己憐憫には中毒性があると認識する 自己憐憫は快楽物質を誘発する麻薬のようなもの。

自己憐憫という言葉をご存知でしょうか? この言葉はことわざの一種ですがこの様な考え方をしているという人もいるのではないかと思います。

よくよく考えれば、他人に助けられている場面も多いと思います。 不憫とは、「かわいそうなこと、気の毒なこと」です。 そのため、 リーダーシップを発揮することを要求される仕事や、役職、さらに顧客相手の密な付き合いが必要とされる職種では、「力不足」と見なされることもしばしばです。 自己憐憫に陥りやすいナルシストの人は、ほんとうの自分を愛しているようで、理想の自分を愛しているのです。 自己憐憫を抜け出せば恋愛もスムーズに進むはずですよ! 上手くいかないことが続くと、つい「自分がダメだから」「自分は不幸な人間だ」と自己憐憫の気持ちが湧き上がってくるものです。 自意識過剰というのは、自分が他の人達にどの様に思われるのかを気にするということですよね?その時に相手からどう見られているのか心配になったりするという人もいるのです。 小さなことでも悲観的に捉えてしまうので日常的に感情が不安定になりやすいですし、ネガティブな出来事に対してとても敏感である種 「被害妄想」を持ちやすい部分も持っているのです。