はたらく 細胞 nk 細胞。 233食目「たくさん笑うとNK細胞が活性化してがん細胞をやっつけてくれる?」『はたらく細胞』第7話 がん細胞 のワンシーンから

第15話に登場。 設定の上では赤血球のパンピー個体に過ぎないのだが、なぜか毎回(外敵襲来)の現場に出くわすなどかなりの不運。 実際の好中球は細胞の隙間を移動する「」と呼ばれる機能を持つが、キャラクターとしての好中球も部屋 の排気口など、正規の通路でない場所を通り抜けて神出鬼没に移動することができる。 白血球に寿命を告げ、脾臓へ案内する。 2人には「ミドリン」「ミドミド」という愛称がある。 たっぷり笑ったら、元気出たわ」 笑い転げていたNK細胞が発光する。 血小板は互いにニックネームをつけている。 21』でのトークステージによれば、キャラクターの動きの印象という点では原作を超えることは難しいため、背景は原作よりハイディティールにしたいという意欲があった。 一般細胞(いっぱんさいぼう) 声 - 、、ほか 一般市民のような存在。
3
「声」はテレビアニメ版における担当。 殺し屋であり、保育士でもある 高い殺傷能力を持つマクロファージですが、実は、赤血球になる前の赤芽球の発育にも関わる保育士でもあります。 第20話から第25話までの乳酸菌に関わる一連のエピソードでは、赤血球AE3803に代わって白血球U-1146と行動を共にしており、半ば主人公のように活躍している。 なお、AE3803の赤芽球時代の担任でもある。 新人賞応募時 は名前が「抗体生産細胞」となっていたが、公式コミックガイド収録時 に連載版と同じ「B細胞(抗体産生細胞)」に修正されている(初登場時のみ)。 わかんないけど、でも大人になって血管の中で働きはじめたら、どっかで会えるかもな。 好中球演じる細菌が、子供たちを追いかける。 だが、肌の環境が悪いとを作る。 キラーT細胞「NK!てめえ、さんざんたんか切っといて、そのざまか」 NK細胞「うっさいわね、バカ!がん細胞に気づかない、ボンクラ二人組が」 白血球「こんなときにケンカするな!それよりお前、あの細胞君は、どうした」 NK細胞「鈍い奴ね。 身体自体が別であることから細胞たちを取り巻く環境も全く異なり、連載誌ごとに対象とする読者の年齢・性別も違うため、描くテーマや作風も大きく異なっている。