青山 透子 ブログ。 真実とは? 日航123便墜落事故

この内訳ははっきりしないが、航空自衛隊員が大半を占めていることは誰にでも想像がつく 検死の情報まで掘り下げていくと、あの事故の真実の姿が浮かび上がってくる ここから、青山さんは検死に関わった医師たちの証言まで掘り下げていく
以下はわたし、明日香の推測です いままでの疑問が解け、胸がすっとする思いでした
また、この便に乗り合わせた乗客には外国の人も多く、各国に外国人遺族もいらっしゃいます 一つだけ言えることは、未だに完全に公開されていないボイスレコーダーを開示することが必要なのだと思う
「ボーイング社の後部圧力隔壁の修理ミスが事故原因」として、片付けられました 青山さんはまさに規範起業家です
遺族をだしにして、物事を語るな これについても、安倍政権の責任逃れは十分あり得るのだ
この記事の始めに出した「青山透子」さんと、「川上慶子」さんは、同一人物である!!!! これこそが、私たち二人のの結果なのです もう一人は、123便事変の生存者の一人であり、ここ、川上村と同じ姓を持つ方
いわば私らの敵とされてきたのご遺族は、身内を亡くしながらも、さらにつらい日々だったと思います なぜ、追尾されていたならば、早々に墜落現場は攫めていたはず
さらに、この4人は、幸か不幸か、地上に激突したショックで遠いところに飛ばされ、自衛隊が入っていた現場から、かなり離れた場所で発見された 友人からの報告によると、おそらくそれは『無理』
コスト削減意識が培われなかったためである まずミサイルだったら飛行機ごと爆破されます
99