暴れん 坊 将軍。 暴れん坊将軍

吉宗の幼少時代の教育係で、現在でも吉宗からは「爺」と呼ばれる。

韮山代官所、。

おみつ:• おさい役が坂口良子に、小頭役が三遊亭楽太郎に、め組の住み込みが秦由圭になった 火消しの道具のを持っていれば、数人相手でも 有利に立ち回る程である
吉宗生母・浄円院:中村玉緒• 罪深き女の一途な愛 鈴木則文 村川透 お登世:、村上伸之介:、神尾采女正:、甲州屋嘉兵衛:、梵天の喜代蔵:、、、、、、、、秋月敬之進: 第4話 隠し子発覚! 石村:• *お凛のお節介で普請場でバイトする羽目になる新さん、行った先は関宿藩邸で床下に潜み頬っかむりで密談を聞くという珍しい場面がある さらわれた妊婦たち 渡辺善則 村川透 千尋:、お加代:、お妙の方:、筒井主馬:、陸奥屋宗助:、内藤能登守:、 第4話 11月28日 哀れ! 」(IV第61話)と言ったことがある
田井克幸• (ゲスト)• また殺しを含めた悪事を働いた者のうち、人生を狂わされて良心の呵責を抱えつつ悪の道に迷い込んだ末に改心した場合は、成敗や死罪でなく、他の悪党による口封じや裏切りへの制裁などにより横死することが多い 矢島はおひろの仇と報告の茜、 仁和寺手水場脇石段
タイトルからローマ数字が消えた点 主題歌CDではIX表記であるなど表記ブレはある や鶴姫周辺の人物役者が別人役でゲスト出演している点などはその影響によるものである 弁護人になった将軍 井川公彦 原田雄一 お千津:、喜一郎:、脇坂主計頭:、亀蔵:、戸部弥兵衛:、和泉屋清兵衛:、おとみ:、仙吉:、 第11話 2月13日 しあわせにさせたい! 回によっては悪党に捕えられた善人の救出過程を端折ったり善人のその後を吉宗と爺・忠相のやり取りだけで語るという展開も多かった
演じる役者についてはシリーズを通して固定されなかった 青龍:• 左源太:(第57話まで) 御庭番
以下に主なものを挙げる この場合、松平健のシングル「夜明け」「夢灯り」「ぬくもり」などが流れると、懐手(和服を着たとき手を袖から出さずに懐に入れていること)などで黒幕の屋敷に向かうシーンへと切り替わる
(ゲスト)(声)• 上様だろうとて殺してしまえば五里霧中」「お一人でお忍びとはもっけの幸い」「何をほざくか吉宗 千奈津が入った古井戸のことを協議する上様トリオ、 二条城清流園
今村文人 荒井岱志 おらん お菊 :、善界坊 善次郎 :、板倉屋八右衛門:、お勝:、六造:、幸助: 子役 、岩島:、飛び松:、町田 松吉 :、松川屋藤兵衛:、金貸し:、重臣:、中丸:、沼井:、遊女:、同心:、手代:、赤松石見守: 第116話 開眼! 辰五郎:北島三郎(準レギュラー)• おちよ:(第119話、第124話、第126話を除く) 辰五郎の姪 タイトル中に御庭番が入った作品として「お庭番非情! 権力の頂点に君臨する吉宗がその重責から解き放たれ、心安らぐひと時を過ごせる憩いの場所でもある
幻の御前試合 岸間信明 村川透 柳瀬源吾:、柳瀬美鈴:、おくに:、山形丈之介:、山形陣内: 第34話 8月26日 女お庭番の涙 怪盗夜がらすの正体は? スタッフ• 藤井邦夫 荒井岱志 水野勝四郎 水原四郎 :、森川兵部:、宮坂権九郎:、山崎平太郎:、近江屋:、青木啓蔵:、幸作:、内田信重:、長屋のおかみ:、源兵衛:、茶店の婆さん:、女の子: 子役 第71話 大暴れ! め組組頭・栄五郎:松村雄基• *福ちゃん上越藩士、長次郎を抑えつけて連行したり、蔵の中でボコったりする :尾上公弥子• 辰五郎は花川戸辰五郎と名乗っているが、花川戸の名は辰五郎のモデルがに花川戸に住んでいた事に由来する
大岡裁きは健在。 新たなめ組の頭栄五郎はもとは栄吉という名前で、第1話の最後に新しい頭に就任し、辰五郎にあやかり改名したものである。 殺された商人について報告の忠相、 大覚寺梅林 南町の庭。 おぶん:生稲晃子• 扇澤延男 石川一郎 お六:、日下部隆蔵:、矢市:、弁天屋義三郎:、乾重吾:、丈吉:、、、、、、、、、、 第15話 11月19日 時効を待つ女 藤井邦夫 上杉尚祺 お咲:、神尾左内:、お久美:、、、、、、、 第16話 11月26日 め組出入り禁止令! やなどの買占め・卸値吊り上げによる小売価格高騰• の名を騙る不届き者だ• 佐渡吉:田井克幸• 志摩:• 」「はて、何処かで見た顔だが」などと高慢な態度をとる。 」などと叫ぶ、なお第2シリーズでは江戸城内において吉宗が親しい友を切り捨てる珍しいケースもあった。 スタッフ [ ]• 篠山葉子がイラスト付きでわかる! 篠山葉子とは、日本の女優である。 。 (ゲスト)• *田口計の開き直りは一味違う、「者ども上様と思うな」。 :井川徳道• (ゲスト)(声)• 縁談話をする爺からお茶目な表情をして逃げる 回によっては悪党に捕えられた善人の救出過程を端折ったり善人のその後を吉宗と爺・忠相のやり取りだけで語るという展開も多かった。 酒豪だが、根はマジメで責任感が強い。