トミー リン セルズ。 トミー・リン・セルズの残忍性は生い立ちだけではない?インタビューから分かること

1992年5月13日、ウェストバージニア州チャールストン: 攻撃を生き延びた20歳の女性を強姦、殴打、刺した罪で投獄されました。

【誰を殺すかじゃないんだ。

不運な環境で育ったトミーはのちに母親を 強姦未遂しています。

つまり、ダイアン・ファニングさんのおかげでジュリアさんの無実が証明されたのです。

トミー本人が言うには、初めて殺人に手を染めたのは、15歳の時だったという。

トミーは環境に恵まれない人でした。

When you look at me, you look at hate. そのように感じます。

1999年:テキサス州デルリオでケイティハリスの性的暴行と殺人 分かっている犯罪歴だけでもこれだけの数があり、本人によると殺人を犯した数は数えてもいないと発言していることからおそらく70人以上は殺害しているのではないでしょうか。

母親が一度もトミーに会いに来ないため、叔母はトミーを養子にしようと手続きを始めます。

47
犯罪者ですね。 5歳までの約3年間育ててもらったにも関わらず、トミーを連れて帰り二度と叔母には会わせませんでした。 大半のケースでは決定的な証拠がないため起訴できないでいるが、2003年に容疑が固まったとしてマリー殺しの裁判が行われ死刑にプラスされる形で終身刑に処された。 ある家に侵入すると、ちょうど男が少年にいたずらをしている最中で、それを見たトミーは、男を射殺した(本人の証言だけで、実際に立件されていない)。 。 彼は別名「The Coast to Coast Killer」または「The Cross Country Killer」と呼ばれていましたが、複数の州を股にかけて殺人を繰り返してきたことに由来します。
94