エロ 小説 クリトリス。 クリ責めエロ小説「えろもじ」デカクリを淫語で言葉責め/クリフェラ/クリオナホ調教

はいたら勝手に動き出すっていう呪いみたいで、それも、いろんなところを触ってくるちょっとエッチな呪いなんだ 手を止めても百合子の腰は激しく動いていて、自分でこすりつけてくる
包皮はとっくに根元までズルむけで、AV女優顔負けの赤剥けのクリトリスが、ヌラヌラと光っている こんにちは!あたしの名前は、ポエット・ステルフィン
自分でおっぱい弄らせて、クリトリスにパンツ越しシコシコのご褒美 精神的に美味しい
まだ引きこもり歴が少ないから、2年も引きこもっていた少女ほどバケモノ化はしていないと思うが 白い脚をがくがくと引き攣らせながら、奈津美は淫らに腰を揺らめかせる
気持ちいい? 奈津美ちゃん」 「あっ……あ、あ、んんっ……ひっ……は……ああんっ……」 どんどん強くされていく振動に、引っ切り無しに喘ぐ奈津美に問いかけた店員 の言葉にも、奈津美はうまく答えることができない 布団がこすれて気持ちいい
佐々木の指摘どおり、あの日から無理やりクリキャップをつけさせられたり、 今のように恥ずかしい下着を強要されたりしている奈津美のクリトリスはすっ かりと肥大化していた 奈津美のいやらしいクリちゃんが丸見えで、良く似合う」 「……あ、あァっ……んぅっ……はぁっ……」 見られていることで感じたのか、潤いを見せはじめていた秘裂をなぞり、期待 に震えるクリトリスを佐々木が指で摘む
30
パンツ越し挿入で種付けして理性飛ばしてあげる。 「おぉぉ~~おぉ~~ああぁぁぁぁ~~ああっっ!!」 もじょもじょもじょもじょもじょ! 3つの回転する超小型柔らかブラシが、私の勃起したクリトリスを10時、2時、6時の方向から一気に攻めてくる。 「や、やですぅっ……あそこ、いやぁっ……せんせぇ……」 「なんで? あんなに喜んでたのに、嫌なの? 奈津美は嘘つきだね」 剥き出しにされたクリトリスの皮をひっぱり上げるようにこねくり回しながら、 佐々木は笑いを含んだ声で呟いた。 「それじゃあ、ここから30分間。 早月さんシリーズ 旦那様と早月さんと子供達の幸せでエロい日常。 なんとも奥ゆかしい乳房だ。 「あ・・・やだぁ・・・クリトリスが・・・かゆい・・・かゆいですぅぅぅ・・・っ」 徐々にクリトリスのかゆみが増していく。 快楽を堪能するため、手の動きを止める。 良かったね」 「…………………」 二人の言葉に、奈津美は黙り込んで俯いた。
精神的に美味しい。 308• 「へっ・・・? そ、そう言えばなんか・・・クリトリスがむずむずするよーな・・・」 ゾクっ・・・。 しかも・・・さっきよりも、深く重く・・・切なくなってきている・・・。 絶頂の予感にあたしは震えた。 こっ、これはその……。
84