資格 ちゃんねる。 「出世を諦めたおじさん」が、これから「取るべき資格」「おすすめしない資格」

05月28日 11:01• 』を出版した佐藤敦規氏によると、2種類の資格を取ることが、こうした「おじさん」の強い武器になるという。

05月28日 23:01• 05月25日 23:01• 05月27日 11:01• 05月26日 14:01• 最近は「ネットでなんでも簡単に情報を調べられるいま、士業は不要になる」という声をよく聞きます。

もちろん全企業が「リクルーター面談」を導入しているわけではなく、主に大手企業、特に金融業界やインフラ、商社業界など 一部の企業だけが導入をしていた。

4586• 05月28日 09:01• この動きは、先日経団連によって発表された「就活開始時期の後ろ倒し」の影響を受けて、より強まると予測される。

05月28日 07:01• 05月27日 15:01• 05月28日 13:01• 05月27日 07:01• 05月27日 20:01• 実際に学生と接しているリクルーター2人に実情を聞いてみた。

56
05月26日 17:01• ———- 【表】これから給料が「下がる仕事」「上がる仕事」全210職種を公開 「独立開業できる資格」とは? 前回の記事で述べたように、私は出世も転職も難しい「現代のおじさん 50代もしくは40代後半のビジネスパーソン 」には「地味な資格」、つまり法人に必要とされる資格を取ることをおすすめしていますが、法人相手ならどんな資格でもいいわけではありません。 就活開始時期の後ろ倒しが決定し、企業側も困惑の色を隠せない。 「独立開業できる資格」とは、つまり士業として独立できる資格のことです。 たしかに、ネットで簡単に情報を得られる時代にはなりましたが、情報を的確に理解できるかどうかは、また別の問題です。 05月27日 21:01• 面談中も、特にメモを取ったり、自ら質問をしたりする様子は見受けられず、しまいには 【リクルーターから連絡がきたということは、内定確実でしょうか?】と非常に的外れな質問を投げてきた」 以下略. 05月26日 20:01• 05月29日 14:01• 14037• 近年、採用選考において「リクルーター面談」を取り入れている企業が増加している。 05月27日 19:01• 当日、学生はその言葉をうのみにしたのか、サークル帰りのジャージー姿で面談へやってきた。 05月26日 09:01• 05月27日 23:01• 著書『おじさんは、地味な資格で稼いでく。 Aさん:(大手金融会社勤務) 「学生の緊張を和らげるため、場所はカフェに設定し、【当日は私服で気軽にお越しください】という文面のメールを事前に送っていた。 社会保険労務士や行政書士のように「独立開業できる資格」と、宅建士や施工管理技士のように「業務において有資格者が必須となる資格」です。 05月25日 22:01• 他にも「士業で独立するのなら税理士や司法書士試験以上の難易度の資格を取らないと意味がない」「社会保険労務士や行政書士の資格では食べていけない」などの声も。
14