浜松 西区 天気。 浜松市の1時間天気

1925年(大正14年)2月11日 - 浜名郡雄踏町が町制施行。

1949年(昭和24年)8月1日 - 浜名郡入野村の一部を浜松市に編入。

17日は、高気圧に覆われますが、湿った空気の影響を受ける見込みです。

1960年(昭和35年)10月1日 - 浜名郡湖東村を浜松市に編入。

新雄踏バイパス(静岡県道62号浜松雄踏線)や静岡県道65号浜松環状線、舘山寺街道(静岡県道48号舘山寺鹿谷線)などの幹線道路が区内を走っており、東名高速道路浜松西ICを中心に市内の流通の1つの拠点となっている。

1955年(昭和30年)3月31日 - 浜名郡神久呂村を浜松市に編入。

新雄踏バイパス(静岡県道62号浜松雄踏線)や静岡県道65号浜松環状線、舘山寺街道(静岡県道48号舘山寺鹿谷線)などの幹線道路が区内を走っており、東名高速道路浜松西ICを中心に市内の流通の1つの拠点となっている。

このため、おおむね晴れるでしょう。

外出はなるべく避け、室内をエアコン等で涼しい環境にして過ごしてください。

1961年(昭和36年)6月20日 - 浜名郡篠原村を浜松市に編入。

10

1889年(明治22年)4月1日 - 敷知郡舞阪町が町制施行。

1957年(昭和32年)3月31日 - 浜名郡湖東村の一部、同郡入野村を浜松市に編入。

1955年(昭和30年)3月31日 - 浜名郡神久呂村を浜松市に編入。

16日は、高気圧に覆われますが、湿った空気の影響を受ける見込みです。

1889年(明治22年)4月1日 - 敷知郡舞阪町が町制施行。

西区(にしく)は、浜松市を構成する7つの行政区のうちの1つ。

1896年(明治29年)4月1日 - 敷知郡が廃止され、浜名郡舞阪町となる。

16日の東海地方は、高気圧に覆われるため晴れる所もありますが、上空の寒気や湿った空気の影響で雲が広がりやすく、雷を伴って激しい雨の降る所があるでしょう。

17日の東海地方は、高気圧に覆われるためおおむね晴れますが、湿った空気の影響で朝晩を中心に雲が広がりやすく、雨の降る所がある見込みです。

36