は だし の ゲン ギギギ。 hadashinogen appeal

新聞を読んでいたおじさん 1951年4月15日に隆太とムスビが出会ったおじさん。

その後ゲンは漫画家のアシスタントとなる。

兄弟と別れたゲンが市の委託を受けた業者により家を撤去されそうになった際、ゲンと共に妨害し、そのあとは再びゲンと同居する。

浩二の人生を取り巻く人々 [ ] 熊井 大二郎(くまい だいじろう) 浩二が予科練の赴任途中に出会った、出撃を5日後に控えた員で。

非常に短気で厳格な性格であり、生徒を強くさせるという理由で畑の芋を盗み食いした昭達を何度も殴り(寺に戻った後でもしぼるつもりだった)、昭達が脱走する原因を作った。

ケロイドを隠すため、常にほっかむりをしミトンの手袋を着用している。

居酒屋の女性 竜や浩二にもう飲むのをやめろと登場し、その理由は弟を特攻隊で亡くしたため、若い男にだらしなくなって欲しくないと言うも浩二に「酒を飲まないとやり切れん」と言われた。

出番もゲンに次いで多い。

38
と、その眼はニヤッと、うなずいた。 のことなどをゲンに教えるなど情報通。 アニメでは、覚せい剤に狂うことなく生存している。 そもそも途中からバックについた某団体が偏った自虐集団なので尚更。 元と竜太の寸劇に気を取られて基地の警備を疎かにしたり、怨入り骸骨を何も知らず買ったりと、この漫画の中のアメリカ兵は割とお笑い担当な一面があるのかも。 野村 澄子(のむら すみこ) 道子の姉で、姉妹で市営住宅に住んでいる。 モデルとなった人物は作者の父・晴海で、漫画と同じく日本画家であり原爆投下時に家の下敷きになり死亡している。 戦艦を溶接したのが彼の後の自慢でもあったという。 口の周りに髭を生やしている。
2