両側 肺 尖 部 胸膜 肥厚。 胸膜肥厚って?

胸膜中皮腫は、胸膜の中皮細胞から発生する悪性腫瘍で、中皮腫全体 で見るとその80%近くを占めているものです(従って、本稿において はこれから『悪性胸膜中皮腫』と表記します) そこで今回は、 肺尖部(はいせんぶ)の胸膜肥厚・癒着について、どう言ったことが起こっているのか、本当に大丈夫なのかについてまとめたいと思います
これは放射線専門の先生方と比べるとごく少ない枚数ですが、わずかな変化までも含めると胸膜肥厚が見られたのは数え切れないぐらいでした 一般に健康とされている人のドックを見ると、結構な数の胸膜肥厚を見つけることが出来ます
でも「 眼科に行くと、必ずといっていいほど目にするのが「ドライアイ」に関するポスター ですが「胸膜肥厚」の診断結果が出ている人は意外と多く、不安に思っている人もたくさんいることがわかりましたので、この記事を書きました
CTに関しては、前年と比べ明らかに状態が変わっている場合や、気になる影がある場合、肺がんの可能性が疑われる場合などは、受けた方が良いのではないかと思います 特に変化もないのに、毎回のように精密検査の指示がある場合は、「本当に必要な検査なのか」ということを、お医者さんに確認してみるのも良いと思います
医師のコメントが「1年後に再検査を」というものであれば、まずは、肺がんや縦隔腫瘍など心配すべき状態ではないと考えてください また、2人の医者が別々にレントゲンをチェックして、後でつき合わせて判定するというダブルチェック、3人で確認するトリプルチェックといった手段によって、1枚のレントゲンを巡って診断精度を高めようとこうした方法が取られることもあります
陳旧性胸膜肥厚であれば、特に心配はないことがほとんどです 健康診断で「肺に影がある」ということがわかったら……誰しも、不安になるものですね 何気なく受けた健康診断
しかし、所見があるフィルムは熱心に見ますから、逆に絶対大丈夫って言ってもいいかもしれません しかし、アスベストに発がん性があるという事実が判明したのは、19 70年代になってからのこと
また、治療法としてどのような方法があるのでしょうか 外傷後胸膜下出血• レントゲンの担当医(読影方針)が変わった 特筆すべきは最後に挙げた「担当医(もしくは読影方針)が変わった」というのもあり得ることなのです
23
胸部レントゲンで判明 「両肺尖部胸膜肥厚」と書いてありました
骨と肺との境が帯状に変化して見えています 去年までの健診では何も言われたことがなかったのに、今年初めて「胸膜肥厚」を指摘されることもあります 参考)臨床画像vol.
これは、通常、昨年以前のレントゲンと、今年の分とを見比べ変化がないことを確認できた場合ですので、まずは、良性の変化か、生理的な陰影と考えて良いと思います これには炎症の後の変化などが含まれるわけですが、ある医師は A 「病気とは言えないのに所見を記載したことで患者さんが心配するといけないから、胸膜肥厚という記載は あえて省略しておこう」 ということもありますし、同じ写真であっても他の医師の場合には、 B 「いや、精密検査までは必要ないかもしれないけれど、所見としては認められるので、 胸膜肥厚と判定した上で、経過観察と記載しておこう」 あるいは C 「わずかな変化だけれど胸膜肥厚は間違いなく存在する
幸いこの時の精密検査の結果も胸膜肥厚以外の所見はなく、無事に学生生活を終了しました この病気の方は、ほとんどが喫煙をしており、喫煙が悪化の誘因となっているようです
胸膜とは肺を覆っている膜のことを指しますが、例えば炎症を起こして治癒すると、胸膜が厚みを帯びることがあります 胸部レントゲン像では、正常範囲ならば肺尖部の胸膜肥厚は 5mmを超えることはないとされています
黒く見えるところが肺実質ですね 言うなれば傷跡のようなものですが、これを胸膜肥厚と呼びます
ただ、胸部レントゲンの被ばく量はとても低いので、一般的な回数の撮影ならば、神経質にならくても良いのではないかなと、個人的には思っています 肺は、左右1つずつ
稀に、胸膜肥厚が高度の場合、肺や肺がんの可能性があるそう 肺や心臓の他、大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう:血管が病的に拡張した箇所)が見つかることもありますし、本当にごく稀ですが甲状腺、胃・脾臓などの異常が疑われることもあります
10