セロ 弾き の ゴーシュ あらすじ。 「セロ弾きのゴーシュ」解説【宮沢賢治】

その後怒ったゴーシュにびっくりし、窓ガラスにぶつかって怪我をしてしまいます。

その次の夜には、ねずみの親子がやってきました。

子どもが病気なので、セロの演奏で治してほしいとのことだ。

帰り際、ゴーシュは野鼠の親子に一つまみのパンを与えました。

何かをしたい、出来るようになりたいと思う事が、ものすごく難しくて大切な気がしたのです。

帰宅してからゴーシュがセロの練習をしていると、三毛猫がやってきます。

観客はアンコールを求め、楽長はゴーシュに、「何か出て弾いてやってくれ」と頼みます。

狸やら三毛猫やらいろいろ来ましたが、ゴーシュの胸の内にあるのは、かっこうなんですね。

ゴーシュも上手ではなくて、楽長によく注意されている。

以前だったら、動物に対してひどい仕打ちしかしなかったゴーシュが、父を思いやるタヌキの指摘を素直に受け入れ、一緒に問題に向き合います。

35

そして、ゴーシュは周りのゴーシュのソロでは今までの練習の成果が全て発揮されます。

また、ゴーシュは太鼓と言う楽器から「リズム」を学びます。

生意気な態度を取ったため、ゴーシュからいじめられる。

音楽を教わりたいと言い、ゴーシュに基礎練習を反復させるよう導きます。

そしてまた水をがぶがぶ呑みました。

どうにかして美しいものに奉仕したいのに、猫の歯ぎしりのような音 しか出てこないもどかしさ、いますぐ有効な農業改革を必要としている のに、芸術に名を借りた遊芸に時を費やしていいのだろうか……。

1